その原因、Xにあり!1/27 巻き爪予防にスクエアカット

1月27日の「その原因、Xにあり!」で、交通事故よりも死亡者数が倍近い多い転倒・転落事故が取り上げられた。

急いでいるわけでもないのに平らな道で転んでしまったり、ふとしたころでバランスを崩しやすくなったりすると要注意。

その原因、Xにあり!1/27 太りにくい高野豆腐大根おろしハンバーグ
その原因、Xにあり!1/27 顔のむくみにウンパニ体操、足のむくみに巻き肩改善ストレッチ・腹式呼吸

スポンサーリンク

転びやすい原因は、足の親指の巻き爪にも

大阪大学大学院の山下和彦先生によると、転びやすくなる原因は足の親指の巻き爪にもあるという。

巻き爪は、爪の両端が丸まってしまった状態。

親指や指の付け根、かかとに集中しているメカノレセプターという脚の裏の圧力を感じ取るセンサーが働いて体のバランスを保っているが、巻き爪だと親指のメカノレセプターが足裏の圧力を正しく読み取れなくなる。

正常な爪の場合は、親指の裏に圧力がかかると、爪が壁となってその圧力を支え、メカノレセプターはその強さを感知すると、情報が脳に届いて重心がどこにあるのか判断し、体のバランスを保っている。

しかし、巻き爪になると圧力が逃げやすくなってしまい、メカノレセプターがその強さを正しく感知できずに、間違った情報を脳に伝えてしまい、転びやすくなる。

片足立ちできる時間は、正常な爪の人が平均17秒に対し、巻き爪の人は平均6秒というデータも。

スポンサーリンク

なぜ巻き爪になってしまうのか?

爪にもともと丸まろうとする性質があるが、刺激を受けるとさらに丸まりやすくなるという。

靴がきついと爪が常に刺激を受け、反対に靴がぶかぶかだと中で足が動いて爪が当たり、巻き爪になる危険性がある。

爪の両端を深く切りすぎるのも危険。

爪の両端を深く切ってしまうと、丸まる性質のある爪はどんどん内側に巻いて皮膚に食い込みやすくなってしまう。

巻き爪予防にスクエアカット

巻き爪になりにくい爪の切り方は、スクエアカットがおすすめ。

スクエアカットは、爪を四角い形にする切り方。角がひっかからないように、やすりで滑らかにする。

爪が丸まろうとするのを防いで、メカノレセプターがしっかり働いてくれるようになる。

【関連記事】
ソレダメ!足の爪は四角く切ると、より踏ん張りがきく
名医のTHE太鼓判!今やるべき10の法則SP 巻き爪には、指先を使って歩く

関連コンテンツ

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. […] ・その原因、Xにあり!1/27 太りにくい高野豆腐大根おろしハンバーグ ・その原因、Xにあり!1/27 巻き爪予防にスクエアカット […]

  2. […] ・その原因、Xにあり!1/27 巻き爪予防にスクエアカット ・その原因、Xにあり!1/27 顔のむくみにウンパニ体操、足のむくみに巻き肩改善ストレッチ・腹式呼吸 […]