ソレダメ!肩こり&ぽっこりおなか予防!姿勢を正す壁際トレーニング

3月13日の「ソレダメ!」で、肩こりやぽっこりおなかの原因ともなる、反り腰や猫背の姿勢を正す壁際トレーニングが紹介。

教えてくれたのは、北里大学の高平尚伸教授。

スポンサーリンク

悪い姿勢「反り腰」

反り腰は、ゴリラのような姿勢。

一見良い姿勢に見えてしまう。

メタボの人やハイヒールをよく履く人は、前に傾いた姿勢を元に戻そうとして、反り腰になってしまうことが多い。

この姿勢だと、腰に大きな負担ががかり、重度の腰痛やぽっこりおなかになったりする。

悪い姿勢「猫背」

悪い姿勢といえば、猫背。

背中が丸まり、頭が前に突き出ている姿勢。

猫背だと、首や背中に負担がかかり、疲れやすくなったり、肩こりに悩まされたりする。

猫背チェック

壁と椅子をつかった、猫背のチェック方法が紹介。

そのやりかたは

(1)壁の前に、壁に向かって椅子に座る

(2)つま先とひざを壁につける

(3)そのまま立ち上がる

うまく立ち上がれない人は、一見猫背にみえなくても、隠れ猫背の可能性がある。

スポンサーリンク

原因は骨盤まわりの筋力低下

猫背や反り腰になってしまう原因に、骨盤回りの筋力の低下がある。

背中の筋肉が弱まると、骨盤が後ろに傾き猫背の原因に。

逆に、おなかの筋肉が低下すると、骨盤が前に傾き反り腰の原因に。

骨盤まわりの、腸腰筋や脊柱起立筋などの筋肉を鍛えることで、姿勢がよくなる。

壁際スクワット

骨盤まわりの筋肉を鍛える方法として、壁際スクワットが紹介。

そのやりかたは

(1)壁の前に立ち、お尻を突き出しスクワットを行う

ひざは、壁に当たらないようにおこなう。

1日5回行うことで、効率よく骨盤まわりの筋肉が鍛えられるという。

壁際ストレッチ

鍛えたあとは、しっかりストレッチを行う。

そのやりかたは

(1)壁に両手をつき、足を前後に開く

(2)背中をそらし、アキレス腱伸ばしのような態勢を10秒キープする

ポイントは、おなかを引っ張るように上を向くこと。

おなかの筋肉をしっかり伸ばす。

(3)続いて、反対に両方のひじを壁につけて、背中を丸めながら頭をおろしたら、10秒キープする

これで、背中の筋肉を伸ばす。

関連コンテンツ

シェアする

フォローする

スポンサーリンク