名医のTHE太鼓判! 足指のばし、把持力アップトレーニング

1月28日の「名医のTHE太鼓判!」で、全身の不調を1日3分ずつで解決するという足指体操「足指のばし」が紹介。

教えてくれたのは、みらいクリニック院長で、『足指のばし』を監修した今井一彰先生。

さらに、足の指の握る力である把持力(はじりょく)アップトレーニングを、整形外科の戸田佳孝先生が教えてくれた。

【関連記事】
世界一受けたい授業 足指ストレッチ、小股歩き、後ろ歩き

スポンサーリンク

足指ジャンケンで足の健康状態チェック

足の指で、グー、チョキ、パーのジャンケンができるかで、足の健康状態がわかるという。

足の指には多くの筋肉が備わっていて、足指ジャンケンができない人は、その筋力が衰えている。

それが足の指の変形につながってしまい、そこから全身の不調が出てくるという。

特に、チョキやパーの開く動きができないと、この筋肉が衰え、凝り固まっている可能性がある。

足は全身を支える土台。

その土台が崩れると、ひざや腰へ連鎖するように全身がゆがみ、腰痛・肩こり・ひざ痛などさまざまな不調を招いてしまう。

足指のばしとは?

一日3分の足指のばしをするだけで、体が若返っていくという。

足の指を軽く伸ばしたり反らしたりすることによって、土台が安定して、腰・ひざ・姿勢など、全身の不調を解決することにつながる。

スポンサーリンク

足指伸ばしのやりかた

(1)いすに座った状態で、片足を太ももの上に乗せる

(2)足の指の間に手の指を入れて、ふんわりとやさしく包む

番組内での今井先生の言葉によると「手の指の股から、上から入れていく」

(3)その状態で足の指をゆっくり反らして、5秒間静止する

(4)逆方向にも伸ばして、5秒間静止する

力の入れすぎは逆効果

ポイントは、力は入れずにやさしく伸ばすこと。

力をいれすぎると、筋肉の反射を起こしてしまって、ぎゅっと縮こまってしまうことがある。

15往復ずつ、1日1~2回を目安に行う。

足指がしっかりと地面につくようになると、体幹が安定し、転倒のリスクが軽減するという。

把持力チェック

足の指の握る力「把持力」が衰えると、足の踏ん張りが効かなくなる。

そのためバランスが取りづらくなり、転倒のリスクが高まったりする。

この把持力のチェックしかたは

(1)足の指で、反対の足のアキレス腱あたりを強くつねってみる

つねっても痛みがないのは、把持力が衰えているサイン。

把持力アップトレーニング

(1)ペットボトルのキャップを、逆さまにした状態で床におく

(2)足の指でキャップをつかむ

(3)背筋を伸ばして、できるだけ前でトントンする

(4)続いて、横にトントン

(5)さらに、後ろでトントン

(6)元にもどったら、繰り返す

左右の足で5回ずつ、1日に2セットを目安に行う。

五本指ソックスならどこででもできる?

番組内で、紫吹淳さんとともに足指のばしに挑戦したかとうかず子さんは、美容院でも足指のばしを実践。

五本指ソックスを履いていれば、どこでもとまでは言わないが、ちょっとした休憩時間でもより抵抗なくできそう。

ソックスの上からのほうが、足指にも優しそうだし。

末端冷え症などのほかに体幹も安定するというが、走っているときも、地面からの反発力をより生かせそうな気もする。

もしかしたら、現状の神経痛のようなしびれも改善につながるかも?

この「足指のばし」は以前も紹介されていたが、結局やらずにそのまま。

今度こそ、なにかすでに習慣になっていることとセットにして、続けてみよう。

関連コンテンツ

シェアする

フォローする

スポンサーリンク