雪道ランニングの注意点 予測不能な凸凹に備え歩幅を小さく

「夏は走っていたけど、冬は雪で凸凹になるので走れないなぁ」「『いだてん』を見て、ちょっと走ってみようかなと思うけど、雪道だから・・・」と、雪で道が悪いけど、でも、できれば走りたいという雪道ランニングビギナーにむけて、雪道ランニングの注意点とメリットについてご紹介します。

スポンサーリンク

雪道ランニングの注意点

では、雪道ランニングで注意したほうがよいと感じる点について、具体的に解説していきます。

注意点1「スリップ」

誰しも考えるのが、スリップです。

そのためにできることの一つ目は、ランニングシューズを雪道用の滑りにくい靴にすることです。

アシックスのスノーターサーなどが有名です。

もうひとつは、滑らないようにバランスを取って走ることです。

具体的には、ひとつは歩幅をせまくすること。

もうひとつは無理してできなくても悪くないですが、後ろに蹴らないこと。蹴らなければ滑りません。

あと、手袋は必須です。

手袋は防寒のためだけではなく、転んだときについた手のケガを最小限にとどめるためです。

注意点2「新雪に隠れた見えないくぼみ」

スリップよりも怖いのが、凸凹の雪面です。

なかでも、マンホールなどの真上など、温かくなって雪が解けて水になったときに流れてしまう場所が危険。

その周辺は水になっても、再度氷点下に戻れば氷になりますが、流れてしまうとその部分だけがくぼみに。

しかも、そこに新雪がつもると、くぼみが隠れてしまうので、つまずくと足をひねってしまう可能性があります。

窪んだ場所を予測して走るのは、ほとんど不可能。

そのためにできることは、やはり歩幅をせまくすることです。

雪道対策の走りがミッドフットやフォアフット、バランス強化にも

歩幅を狭くすることと、蹴らないこと(蹴らずに真下に着地すること)という一見雪道対策の走り方が、雪のないときの走りの質の向上にもつながります。

大股で走るとかかと着地になりがちですが、歩幅を狭くすることと蹴らずに突く(着く?)だけにすることで、足裏全体で着地するミッドフット(あるいは、より母指球と小指球を結ぶ線上に近いフォアフット)で走る練習になります。

脚さばきが良くなるという可能性もありそう。

もちろん、雪道の悪路を走ることで、バランスの強化にもなりそうです。

雪道用ランニングシューズ

関連コンテンツ

シェアする

フォローする

スポンサーリンク