AIフィットネスジムでできること 【AIジムでもこんなに違いが】

2019年1月からミクシィもAI(人工知能)を活用したフィットネスジムを始めるというニュースが入ってきました。

生活のいたるところでAIが使われるようになってきましたが、『筋トレもAIだったら効率上がるんじゃない?』『ダイエットに挫折しそうになったときにAIが悩みを聞いてくれたら・・・』などと思うことありませんか?

こちらでは、AIを活用したフィットネスジムで、実際にどういう場面でAIが使われているのかをご紹介しています。

あわせて、ポイントが貯まるダイエットアプリについても触れています。

スポンサーリンク

AIフィットネスジムでできること

フィットネスジムでAIが使われている場面は、次の3つがあります(私が知らないだけだったり、新しい技術によって他にもたくさん出てきそうですが)。

・ご自身の現状をチェックしてどんな運動をするのが効率的かを判断
・睡眠・運動などの日々のデータや悩みからAIがスマホのアプリにアドバイス
・トレーニングマシンに搭載されたAIによって、加えるべき最適な力がモニター表示

歩きかたなどからAIが適した運動を提示してくれる「ココサイズ」

2019年1月に東京都世田谷区桜新町にオープンする、ミクシィが手掛ける女性専用ジム「ココサイズ」では、歩きかたや5つのポーズを撮影し、肩や腰、股関節、ひざなどから弱い部分を判定したら、100種類以上の運動メニューからAIが適した運動メニューを提示してくれます。

「ココサイズ」は、元気に生活できる健康寿命を延ばすことを主目的としたジムで、運動メニューも体のコンディションを整えるもの。

マシンは使わずに、タブレットを見ながら運動を行います。

月額7千円で、何度でも利用できる定額制の料金になっています。

ジムのほかに、アプリに励ましやアドバイスが届く「FiNC Fit」

東京・六本木、銀座、赤坂、有楽町にあるパーソナルジム「FiNC Fit」では、FiNC独自のAIによって、悩みや毎日の食事・運動・睡眠のデータをもとに、美容・健康のアドバイスがスマホのアプリに届きます。

運動目標などをクリアするとポイントも貯まり、FiNCのインターネットモールでの買い物などにも使えます。

スタジオでのトレーニングは、マシンやダンベルなどを用いず、姿勢を改善し身体の機能を高めるための筋肉を養います。

トレーニングマシンがAIを搭載。加えるべき力もモニター表示の「エクササイズコーチ」

アメリカシカゴ発、東京・池袋、新宿、銀座、埼玉・大宮、栃木・宇都宮、京都・四条烏丸、大阪・梅田、心斎橋にあるパーソナルジム「エクササイズコーチ」では、フィットネスマシンがAIを搭載。

ご自身の現状の筋力や身体の可動域をテストすることで、AIが加えるべき最適な力をモニターに表示。トレーナーの指導のもとにトレーニングを行います。

AIを使った効率性の高いトレーニングのため、1回に必要な時間がわずか20分で済みます。

AIフィットネスジムはまだ始まったばかり

今回ご紹介したAI(人工知能)を活用したフィットネスジムは、まだまだ始まったばかりです(「ココサイズ」にいたっては、2019年1月から)。

そのために、通えるのは、残念ながら都会に住んでいるかたに限られてしまいます。

AIアプリだけなら全国どこでも利用可能

そのなかで、「FiNC Fit」のスマホのアプリは、全国どこでも利用できます。

アプリは無料の「FiNC」と、月額960円の「FiNC プレミアム」とがあります。

どちらもダイエットのためのアプリで、プレミアムでは専門家たちに無料で相談できたり、体組成計も返却時の送料以外無料でレンタルすることができます。

「FiNC」を使うなら、まず体組成計なしで2週間試してみては?

ただ、無料だとありがたみを感じず、その結果続かないというパターンになりがちです。

「FiNC プレミアム」にも2週間のお試し期間があります。

興味のあるかたは、その間にどんな感じか使ってみましょう。

それから無料の「FiNC」に変えてもいいですし、気に入ったら、お試し期間をすぎてから体組成計の無料レンタルを申し込んでも遅くはないでしょう。

関連コンテンツ

シェアする

フォローする

スポンサーリンク