名医のTHE太鼓判!腰痛撃退体操・股関節痛予防四股トレ

12月17日の「名医のTHE太鼓判!」で、戸田佳孝先生が、家で簡単にできる腰痛撃退体操を教えてくれた。

メインで紹介されていたAKA-博多法という仙腸関節を整える技は、その治療を施せる先生が少ないが、腰痛撃退体操は誰でもできる。

Google で調べたところ、日本関節運動学的アプローチ(AKA)医学会のホームページ上に、日本AKA医学会認定指導医一覧として名前だけだが掲載されている。

スポンサーリンク

腰痛撃退体操のやりかた

(1)足を広げ、腰を落とす、腰割の姿勢をとる

(2)手を膝の上に置いて、ひじを伸ばしたまま、1,2と2秒間肩を入れる

(3)反対の肩も、同じように2秒間入れる

これを5回ずつ、朝昼晩3度行う。

股関節痛予防に四股トレ

番組後半では、股関節痛予防の四股トレが紹介。

四股は、股関節を釣り上げる大腰筋を鍛える一番の運動になるという。

お尻や太ももの筋肉も同時に鍛えられる。

股関節痛チェック「もも上げ」

まず、股関節痛のチェック方法としてもも上げが紹介。

そのやりかたは

(1)手を腰の前に置き、足が手にあたるように上げる

この動きを20秒間行い、何回手できるかを数える。

男性は40回以下、女性は37回以下だと、股関節痛を発生するリスクが高い。

四股の踏みかた

(1)肩幅以上に足を開き、腰を落とす。

足首は45度に開き、太ももと腰をむすぶ角度は90度が理想。

(2)軸足に体重を乗せて、反対の足を上げる

(3)上げた足はつま先から着地する

1日に左右10回ずつ行う。

関連コンテンツ

シェアする

フォローする

スポンサーリンク