教えてもらう前と後 毛細血管を生き返らせる「かかと落とし」

11月13日の「教えてもらう前と後」で、白髪や抜け毛などの原因ともなるゴースト血管を改善し、毛細血管を生き返らせる簡単な運動として「かかと落とし」が紹介。

解説してくれたのは、皮膚科医の友利新先生。

スポンサーリンク

毛細血管の長さは10万キロ

人間の毛細血管の長さはおよそ10万キロと、地球2周半分。

血管全体の90パーセント以上を占める。

その役割は、体中の細胞に必要な酸素や栄養素を届けること。

毛細血管がゴースト化すると、体の隅々まで栄養が行きわたりにくくなり、抜け毛や白髪・冷え症などにつながる。

このゴースト血管を1週間で改善できる運動として、1日30回のかかと落とし運動が紹介された。

「かかと落とし運動」で、ふくらはぎを刺激

かかと落とし運動により、ふくらはぎが鍛えられる。

第二の心臓とも呼ばれるふくらはぎには、多くの毛細血管が集まっている。

かかと落とし運動で、ふくらはぎを伸縮することで、全身の毛細血管への動きが活性化する。

「かかと落とし運動」のやりかた

(1)背筋を伸ばしてつま先立ちになる

(2)体重をかけて、ストンとかかとを落とす

地面に落としたときの刺激が、骨にも良い効果を与えるという。

1日30回を目安に行う。

関連コンテンツ

シェアする

フォローする

スポンサーリンク