作AC真駒内マラソンに参加

一週間ほど前に、札幌市南区で行われた、作AC真駒内マラソンに参加。

全国的にはマラソンシーズンは始まったばかりだが、北海道では逆にこれが走り納めというランナーも多い。

今回は、11月としては異様に気温も高くほぼ無風で、過去最高のコンディション。

練習からサブ3は遠い感じだったが、細かく設定されたペースメーカーの4分15分の集団で走ることにした。

スポンサーリンク

足りない筋力は太ももの前、そして後ろ

春先にハーフマラソンで1時間29分台で走れたので、それを磨けばサブ3に近づいていけるかなとも思ったが、夏場以降まったくタイムが縮まらず。

ついていくペースメーカーを4分30秒の人に変えようかとも思ったが、2日前にようやく10キロを41分半で気持ちよく走れ、やはり4分15秒についていくことにした。

昨年は4分30秒のペースメーカーについていって31キロから離れたが、今年はさらに無謀だった。

20キロの直前の、真駒内の競技場に入る直前の小さな橋の上りであれよあれよと遅れだした。

そのあともしばらく上りがあるので、無理してついていくことをしなかったが、それでも32キロあたりで左のふくらはぎが攣って止まってしまい、さらに39キロでも再度左のふくらはぎが攣って止まってしまった。

もちろん、4分半の集団にも抜かれ、あやうく昨年の記録も下回りそうになったが、自己ベストだけは更新して3時間14分台でゴール。

気持ちフォアフットのミッドフットで走っていて、地面には着くだけをイメージしていることもあり、ふくらはぎに負担がかかるのは承知の上だった。

ただ、翌日に筋肉痛になったのは、太もも。

その次の日も筋肉痛が残ったのは、太ももの前と後ろのひざに近いほう。

太ももの筋肉痛は昨年もあったので、走りかたを修正しているつもりだが、まだまだヘンテコな走りで、しかも太ももの筋力も足りないよう。

たまにしか更新しないFBに多くのコメント

いっしょに大会に参加仲間にも感謝だが、いつも読み逃げしているFacebookにも簡単に結果をアップしたら、たくさんのいいね!やコメントをいただいた。

正直FacebookなどのSNSに趣味的に書き続けるのは、他にするべきことの足を引っ張ってしまう危険度が高いのでほとんどしていないが、それでもいいね!やコメントをもらえるのは、とてもありがたいことだなぁとしみじみ感じた。

走りだけでなく、心にも余裕を持てるように、今は集中すべきところに集中しなければ。

反省

1週間ぐらい前にはやめようと思った筋トレ(特にふくらはぎの筋トレ)を、直前までやっていて、しかもふくらはぎが数日前まで筋肉痛状態だった。

筋トレは2週間ぐらい前までにして、代わりにもっとストレッチなどの柔軟をしておくべきだった。

同時に、普段の筋トレ量が少ないので、徐々に増やして、かかとの超スロー上げ下ろしは100回をまず3セット、できれば5セットできるようにしよう。

筋トレとしてもう一つは、太もも。特にひざ近くの太もも。

これも、超スローひざまげのばしを今は10回しかできないが、1日に左右3セット、そのあと5セットできるようにしよう。

あとは、走る姿勢。友達がいなくてもスマホで撮影できるので、特に疲れたときの走りを撮って確認するようにしよう。

走っての練習については、今年やっていたメニューより、去年やってたメニューのほうがあっているようにも思う。

ガチユル走や、レースペースでどれだけ走れるか、あと、短い5キロとかの全力走とか、やりたくないことをやりきって、走ることだけでなく昨日の自分やダメだと思っている自分を覆せるようになりたい。

関連コンテンツ

シェアする

フォローする

スポンサーリンク