ごごナマ カンタン股関節体操「おしりエクボ体操」

10月16日のNHK「ごごナマ」2時台は、『100歳まで歩こう!カンタン股関節体操』

立つ、歩くなど日常動作の要となる股関節を鍛える、3種類のおしりエクボ体操が紹介された。

教えてくれたのは、股関節専門の理学療法士・佐藤正裕さん。

【ごごナマ公式サイトによる解説】
簡単 股関節エクササイズ おしりエクボ体操

スポンサーリンク

目覚めたら「寝ながらおしり上げ」

寝ながら行う簡単な運動で、お尻の筋肉・大臀筋を意識し確認する。

そのやりかたは

(1)あおむけに寝た状態から、握りこぶし一つ分あけて、ひざを立てる

(2)腰の下に手を入れる

(3)お尻の最下部を持ち上げる

腰と手が離れないようにして、腰はベッドにつけたままお尻だけを持ち上げる。

腰を持ち上げてしまうと、腰に負担がかかってしまう。

3秒キープして戻すのを20回行う。

スポンサーリンク

歯磨きをするときは「つま先立ち」

バレリーナの立ち姿勢を意識して歯磨きする。

(1)いすの脇に手を添えて立つ

つま先は正面に向けて平行にし、にぎりこぶし1つ分位を開く。

(2)そのままかかとを目一杯上に上げて、かかと同士がけんかするように合わせる

ひざ同士がつくようであれば、ひざもつける。

10秒キープして戻すのを5回繰り返す。

キッチンで料理するときに行っても良い。

日常生活にさりげなく取り入れられるようにすることがポイントになりそう。

おしりだけじゃなくて、内股の筋肉もしっかり使えるようになる。

テレビを見ながら「しゃがみ立ち」

なかなか床にしゃがむ機会もなくなってきたが、そうすると股関節が弱くなる。

しっかりお尻の瞬発力を鍛えて、転びそうになった時にパッと一歩が出るようにな力をつける。

そのやりかたは

(1)かかとをつけつま先を開いて立つ

(2)そこからゆっくりと腰を下ろして、かかとの上にお尻を乗せるようなつもりでしゃがむ

(3)そこから真上にお尻の穴を締めながら上に上がる

前かがみにならずに行う。

難しい場合は、いすの背もたれをつかみながら半分までしゃがんで立ち上がる。

【関連記事】
ごごナマ お尻力で健康寿命アップ!簡単お尻エクササイズ

関連コンテンツ

シェアする

フォローする

スポンサーリンク