初耳学 くびれ母ちゃんの最強レッスン

10月14日の「林先生が驚く!初耳学」で、東京・六本木にある、今全く予約が取れないジム・YumiCoreBody が登場。

ここに来ればくびれが入ると話題で、入会希望者300人待ちの状態という。

このジムの人気の秘訣が、41歳三児の母でウエスト56センチの村田友美子さん。

体の構造・骨格に基づくくびれの作り方は、書籍化もされ大ヒット。

女性だけでなく男性にも効果的というトレーニングが紹介された。

スポンサーリンク

くびれ作りの驚きのポイント

村田先生のくびれ作りのポイントは、一切腹筋をしていないこと。

腹筋をまったく行わずにくびれボディを手に入れる方法は、インナーマッスルを鍛えること。

くびれ作りには、インナーマッスルが不可欠。

筋膜をほぐし正しい姿勢を維持する

骨盤と肋骨の間が縮んでしまっていると、くびれはできない。

とにかく、この骨盤と肋骨の間を長くする。

ポイントは、筋膜をほぐし正しい姿勢を維持すること。

中でも大事なのが、腸腰筋と小胸筋という2つの筋肉。

くびれ母ちゃんの、最強ながらトレーニング (VERY BOOKS)

新品価格
¥1,512から
(2018/10/15 05:21時点)

反り腰対策

まず、女性に多い反り腰対策が紹介。

反り腰の原因となる腸腰筋の凝りをほぐすには

(1)テニスボールなどを、太ももの付け根にあてる

(2)ヨガポールを下にして、体重を乗せていく

番組ではガンバレルーヤが挑戦したが、こんなので本当にほぐれるのかというくらい、本当に痛そう。

スポンサーリンク

猫背・巻き肩のほぐしかた

女性に多い猫背や巻き肩の原因・小胸筋をほぐすには

(1)床を下に、鎖骨の下にボールを当てる

(2)ひざを折るように曲げる

(3)ボールを下にした肩の側に、体をゆっくりひねる

腸腰筋をほぐすストレッチ

(1)左足を大きく一歩前へ踏み出す

(2)左足を曲げて、右足のつま先に重心を乗せる

(3)左足を2足分だけ外へ出し、へそを正面に向ける

(4)そのまま右腕を上げて、側屈する

(5)そこで呼吸をする

くびれ作りの基本姿勢

くびれ作りの基本姿勢は、腰を反らず、背骨を縦に伸ばすこと。

この姿勢で、膣を引き上げて頭の上から出すイメージをする。

男女共通で、体の中心部(股間のあたり)を引き上げるイメージで呼吸をするのがポイント。

尿を優しく引き上げて頭の上から出すイメージで呼吸をすると、腹横筋がコルセットのようにおなかを締め付け、くびれにつながるという。

テニスボールのようなボールで腸腰筋や小骨筋をほぐすところが、とにかくめちゃくちゃ痛そう。

筋肉が本当にほぐれるのなら良いかもしれないけど、自分でやるのは難しそう。

関連コンテンツ

シェアする

フォローする

スポンサーリンク