シューイチ 中丸雄一最新エクササイズ「ラグササイズ」に挑戦

10月7日の「シューイチ」で、中丸雄一さんが最新エクササイズに挑戦。

オムニボールで腕がプルプルになったあとは、ラグビーボールをつかったラグササイズで腹筋がプルプルに?

指導してくれたのは、ラグビーの元日本代表・三宅敬さん。

【関連記事】
シューイチ 中丸雄一最新エクササイズ「オムニボール」に挑戦

スポンサーリンク

ラグササイズ

ラグビーとエクササイズを掛け合わせた「ラグササイズ」

考案したのは、ラグビー元日本代表の三宅さん。

実際に選手が行うトレーニングをアレンジし、女性でも楽しく全身を鍛えられるという。

【初級編】足腰のトレーニング

不規則にバウンドするボールをキャッチする。

どこに跳ねるかわからない楕円形のボールをワンバウンドさせ、重心を低くしてキャッチ(チャッチ?)し、足腰を鍛える。

スポンサーリンク

【上級編】体幹トレーニング

続いて紹介されたのは、ラグビーボールをパスすることで腰を左右にひねる、体幹トレーニング。

ラグビーは自分より後ろの選手にしかパスできない。

前にパスすると「スローフォーワード」という反則を取られる。

そのために、パスのときに体を大きくひねる必要がある。

(1)数人で外側を向いて円を作り、ゲーム感覚で隣の人にパスをする

パスするときは、しっかりと腰をツイストさせる。

慣れてきたら、スピードアップしたり、ボールをもう一つ追加したり、合図によって逆回しにしたりする。

【上級編(応用)】V字腹筋パス

最後に、体をひねるパスの応用編。

V字腹筋の状態で1対1でパスをする。

(1)V字腹筋の状態で足先にラグビーボールを乗せ、その状態でマンツーマンでパスを繰り返す

極限まで、脚と体幹を追い込む。

ボールが足から落ちたり、キャッチミスすると負け。

学校レベルとかでもできそう

来年2019年はラグビーのワールドカップが日本で開催される。

「来年になったら盛り上がるから、今から先取りしておきたい」という意見もあるが、学校レベルでもできそう。

タックルは無理でも、ラグビーボールがあればどこででもできる。

子ども向けにはタッチラグビーが有名だが、タッチラグビーは広いスペースが必要。

特に開催地となる北海道とか、(きょう10月7日のように)台風がきても、ラグビーボールがあれば室内でできる。

円になって行うボールまわしのエクササイズはたのしそうだし、マスコミ受けも良さげで自治体のPRにもなるのでは?

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ