元気足の作り方 爪と角質も健康に 爪は四角く切る

Eテレ「まる得マガジン 元気足の作り方」

第4回は、爪と角質を健康に保つための、お丁入れ方法が紹介された。

教えてくれたのは、足専門クリニック院長の桑原靖先生。

【関連記事】
元気足の作り方 疲れ軽減ストレッチ
元気足の作り方 足に優しい靴選び

スポンサーリンク

角質のトラブル

足の角質が厚くなるトラブルは、タコ、魚の目、イボの3つに分けることができる。

タコと魚の目は自分でもケアできる

タコは、強い圧力が一点に加わることで、皮膚が反応して厚くなってしまった状態。

魚の目は、その圧力に、さらにねじれの力が加わることで、その角質が奥にいってしまって神経を刺激して、タコよりもかなり痛みを生じる。

魚の目やタコは自分でもケアできる。

フットケア用のやすりや、専用のカッターナイフを削っても大丈夫。

イボは皮膚科に行く

イボはウイルス感染によってできる。

イボウイルスが皮膚の角質内に増殖して、血管を引っ張り込んでいくので、削ると血が出てきてしまう。

イボは、皮膚科のお医者さんに診てもらう。

爪の手入れ

正しい足の爪の切り方

(1)先端を平らに切る

(2)両端の角を落とし、全体的に少し四角い形にカットする

爪の先端を丸く仕上げてしまうと、靴にあたったとき力が一転に集中し、爪が曲がったり、割れやすくなってしまう。

四角い方が、靴が当たっても、力が均等に爪に拡散するので割れにくい。

爪が厚い場合は、ニッパー型の爪切りがおすすめという。

爪が割れないように、端から少しずつ切る。

細かいところはやすりを使って整える。

【関連記事】
ソレダメ!足の爪は四角く切ると、より踏ん張りがきく

関連コンテンツ

シェアする

フォローする

スポンサーリンク