たけしの家庭の医学 転倒予防の足のセンサー改善法「ボックスステップ」

下半身の筋力を鍛えるだけでは、転倒リスクは避けられない。

転倒予防には下半身の筋力がもちろん大事だが、転びそうになったときにグッと踏ん張るとか、タイミングよく1歩足を出すとかは、筋力だけの問題ではないことがわかってきた。

10月2日の「たけしの家庭の医学」で、この転びそうになったときに反応する足のセンサーについて伊奈病院の石橋英明先生が解説してくれた。

スポンサーリンク

転倒しないために大切な足のセンサーとは?

つまづいたときの、次の転ばぬ1歩を出せるか出せないかを左右するのが、筋肉の反応の速さ。

筋肉を瞬間的に動かすことについては、足のセンサーと神経の伝わる速度が大きく関わっている。

スネとふくらはぎの筋肉のなかに、その足のセンサーが備わっている。

足のセンサーとは、神経と連絡をとる筋紡錘のこと。

筋紡錘がしっかり働いていれば、つまずいても即座に異常を感知し、脳ではなく脊髄からの指令で筋肉を動かすため、しっかり踏ん張ることができる。

逆に、うまく働いていないと、筋肉を動かすタイミングが遅れ、踏ん張りが効かず転倒に至ってしまうという。

加齢や運動不足によって、この足のセンサーは衰える。

足のセンサーを活性化するボックスステップ

足のセンサーを活性化する方法として、社交ダンスにあるようなボックスステップが紹介。

ボックスステップは、様々な歌謡曲の振付にも使われる、足を交差させるステップ。

足を交差させると体のバランスが崩れるため、足のセンサーが働く。

その動きを繰り返すことで、センサー機能が高められるという。

ボックスステップのやりかた

(1)足を肩幅に開く

(2)1歩目は、右足を交差させるように左足の前に出す

(2)2歩目は、左足を交差させるように右脚の横に出す

(3)3歩目で、右足を元の位置に戻す

(4)4歩目で、左足を元の位置に戻す

この4歩がワンセット。

この動きを、好きな曲などにあわせて、1日5分間行う。

同じ方向だけでなく、逆回りも行う。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ