初耳学 肩こり解消シャワー術・肩こり予防には中指・薬指・小指でつり革を握る

9月24日の「林先生が驚く初耳学!」で、多くの女性が悩む肩こりを改善させる方法として、シャワーや電車のつり革をつかう方法が紹介された。

解説してくれたのは、東京都市大学の早坂信哉先生。

スポンサーリンク

シャワーで効果的に肩こりを改善させる方法

末端から温める

シャワーの順番が大事。

足先、膝関節、手先と末端から順に温めていくことが大切。

体が冷えやすい末端部分から、患部に向かって温めていく。

シャワーの温度

肩こりの原因は筋肉の血行不良からくるもの。

重要なことは、暑いお湯とぬるいお湯を交互にかける。

具体的には、40℃くらいの熱いお湯で筋肉をゆるめ、25℃くらいのぬるいお湯で筋肉を収縮させる。

この筋肉のゆるみと収縮が、血行の促進に効果的。

サウナと水風呂に交互に入るのと同じ効果が得られるという。

電車のつり革で予防

肩こりを予防する電車のつり革の握り方は、親指・人差し指以外の3本の指で握ること。

人差し指と親指は物をつかむ力が強いため、必要以上の筋肉を使ってしまっている状態。

つり革だけでなく、手すりでも同じ効果が得られる。

10秒ダッシュで空腹感が消える

さらに、ダイエットの敵である間食を減らすために、その場ダッシュをして空腹感を消す方法が紹介された。

その場でおよそ20回、10秒間ダッシュするだけ。

よこはま土田メディカルクリニックの土田隆院長によると、空腹とは栄養状態が下がっている状態。

特に、糖分が足りないときに、脳のなかは空腹感を感じる。

10秒ダッシュをすると、さらに血液中の多くの糖分が筋肉活動に使われるため、緊急時のために貯蔵されていた糖分が、筋肉から血液中に排出される。

すると、脳のセンサーが、糖分が上がってきたと勘違いすることで、空腹感がなくなるという。

関連コンテンツ

シェアする

フォローする

スポンサーリンク