WBS 企業にも結果にコミット!? ライザップが企業と契約へ

フィットネスジムの「ライザップ」が、より長い時間をかけて企業の社員の健康を改善する取り組みを始めている。

9月14日の「ワールドビジネスサテライト」では、すでに導入している新日鉄住金鹿島製作所や、導入を検討している企業向けの実践型健康セミナー体験会の様子などが紹介された。

[ライザップ]無料相談予約、受付中/今までのカラダを脱ぎ捨てろ!

スポンサーリンク

健康経営?

従業員が健康であれば、高い集中力を保って仕事に取り組めることから、生産性が向上し、医療費の企業負担を少なくできるので、企業の利益率が上がる。

健康に力を入れる企業は、リクルートでも優位になるのだとか。

1対nでも結果を出すプログラム

「手は前に出して行いましょう」というインストラクターの女性の掛け声でスクワットをしていたが、スクワット自体は家でもどこでもできそうなもの。

しかし、夏休みの宿題以上にできない、あるいは3日坊主で続かない、なかなかうまくいかないところを上手くいくまで続けさせるのがライザップ。

ライザップの取締役によると、「1対nでも結果を出すプログラム」という。

「とんでもない勢いで体重が増えている」などの健康指導の対象者に対して、生活習慣を3ヶ月プログラムで改善。

参加者は、運動・食事・生活習慣の見直しという、ライザップのプログラムを実践。

終わる頃には、生活習慣が整ったと、自信を持って言えるように取り組んでいくという。

スポンサーリンク

会社にも個人にもメリットがありそう

個人でライザップに通いだした人には、マンツーマンで指導したり励ましたりする必要があるが、会社からの補助を受けて始めると、個人で始めるよりもやらなきゃという強制力が高そうで、しかも、個人でライザップに通うよりは圧倒的に安く済みそう。

テレビでは機材とかは使わないで行うように見えたが、それでも10分の1か、もしかしたらもっとやすいかも。

上半身裸になって両手を広げ、ビフォーの写真を撮影している場面も出ていた。

レオス・キャピタルワークスの藤野さんがコメントしていたが、就活生の親にとってもこういうプログラムを導入している企業なら、安心度も上がりそう。

自治体向けライザップも?

ライザップはこういった出張型のプ3か月継続ログラムを30社と契約しているだけでなく、自治体へのプログラム提供にも力を入れている。

そうそう、別のテレビ番組でもやっていた。

長野県伊那市では、1月から平均年齢約65歳、体力年齢78.72歳の39人に実施したところ、3ヶ月後には体力年齢がなんと41.83歳になったという。

先月から、福島・北海道など6つの自治体が、同様の健康プログラムを導入しているという。

自治体にとっては、介護保険などの社会保障費の削減につながると期待できるし、個人にとってもライザップのメニューを自治体のサービスで受けられるのは魅力。

6つの自治体というのは、ライザップグループのお知らせによると、長野県川上村、長野県下諏訪町、福島県玉川村、福島県古殿町、福島県南相馬市、北海道上ノ国町だが、こちらも需要が相当高そう。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ