主治医が見つかる診療所 スタンフォード式疲れない体の作り方

8月30日の「主治医が見つかる診療所スペシャル」で、疲労回復法が特集。

『スタンフォード式疲れない体』の著者・スタンフォード大学スポーツ医局アスレチックトレーナーの山田知生先生が、5つの超簡単な方法を伝授してくれた。

【関連記事】
主治医が見つかる診療所 最高の疲労回復食材 豚しゃぶ、ブロッコリースプラウト、ブルーベリー

スポンサーリンク

腹圧呼吸法

疲れない体の土台は、呼吸法。

それは、腹圧呼吸法。

お腹周りのインナーマッスルを鍛えて体軸を安定させる

腹圧呼吸法を続けると、お腹周りのインナーマッスルを鍛えることができて、体の軸が安定する。

すると、自然と正しい姿勢に変わっていくため、体の負担が減り疲れがたまらなくなるという。

これさえ実践すれば、疲れが取れて腰痛も改善すると言う。

腹圧呼吸法のやりかた

(1)背中とお尻とひざが、それぞれ90度になるように座る

(2)手の甲を太ももの上に置き、足の付け根を軽く押すようにあてる

(3)その指が前に動くようにお腹を膨らませながら、鼻からゆっくり息を吸う

(4)そして、お腹を膨らませたまま、口からゆっくり息を吐く

ポイントは、息を吸う時も吐くときも、お腹の圧をキープすること。

これを1日2分間行う。

疲れない立ちかた「ゆらゆら立ち」

(1)足を肩幅くらいに開く

(2)腰骨を中心に左右に小さく揺れながら、重心をそれぞれの足にゆっくりと移動させる

このゆらゆら立ちを普段から続ければ、体の重心が整って姿勢が良くなり、疲れにくくなる。

肩こり解消法「肩甲骨ぐるぐる」

(1)両手の指先を、肩の上に軽くおく

(2)指が肩から離れないようにして、腕を前から後ろへ、後ろ回しで大きく動かす。

これを1日10回ほど行ってみる。

できるだけ胸を前に出すように、ひじを遠くに回すように肩甲骨を動かしてみる。

下半身疲れ解消法「足トントン」

(1)背中・お尻・ひざが、それぞれ90度になるようにいすに座る

(2)つま先を床につけたまま、かかとをゆっくり上げ下げする

これを15秒間行う。

(3)次に、両足のかかとを床につけたまま、つま先をゆっくり上げ下ろしする

これも15秒間行う。

このエクササイズは、ふくらはぎを動かして、ひざ裏のリンパ節を刺激することで、血行が良くなり疲労物質の滞留を防ぐことができる。

疲労を素早く解消できる「スーパー回復浴」

最後に、スタンフォード大学のアスリートも行っているという疲労解消法の「スーパー回復浴」が紹介された。

(1)浴槽に38度程度のお湯を張り、シャワーから水が出るように設定する

(2)最初に、水シャワーを1分間浴びる

(3)続いて、お湯に30秒つかり、水シャワー30秒

これを5セット行う。

(4)最後の水シャワーのみ1分間行う

体を温めて冷やすことで、血管の収縮と拡張が繰り返され、血行が良くなり疲労が取れる。

血行が良くなると、疲れた筋肉に多くの栄養素が含まれるので、早期回復につながる。

冷水と温水を交互につかるこの方法はたくさん汗をかくので、入浴前後には必ず水分補給をする。

プチ水シャワー

このスーパー回復浴は、高齢者や持病のある人にはハード。

それに変わる方法として「プチ水シャワー」が紹介。

そのやり方は、お風呂上がりに手先と足先に5秒から10秒ほど水をかける。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ

コメント

  1. […] 【関連記事】 ・主治医が見つかる診療所 スタンフォード式疲れない体の作り方 […]