主治医が見つかる診療所 血管と見た目が若返るストレッチ

7月26日の「主治医が見つかる診療所」で、血管と見た目が若返る超簡単ストレッチが紹介。

筋肉を動かすことは血管をマッサージすることになり、体が柔らかい人は血管も若いという。

ストレッチを教えてくれたのは、開脚インストラクターの藤原ヒロシさんと、ヨガ・ピラティスインストラクターのHakoさん。

夏休みの宿題とライザップ

スポンサーリンク

ひとりだけでもできる藤原式柔軟性アップ術

(1)手を「シュッ」と抜くようにする

遠くに抜くような感じで、両手をそれぞれ3回行う。

(2)少しひざを曲げて、脚の親指を上に引き上げるように「ピン」と弾く

硬くて弾けない場合は、親指をゆっくり引き上げて3秒間キープする方法でもよい。

(3)最後に、ひざを内側から外側へ「シュッ」と払う

ストレッチをする前に行うと、効果がアップするという。

体を柔らかくするお尻エクササイズ

続いて、Hakoさんの体を柔らかくするエクササイズ。

そのポイントは、お尻。

お尻グリグリ

おもちゃのゴムボールを使って行う「お尻グリグリ」のやりかたは

(1)お尻のへこんだ辺りにボールを当てる

(2)当てたまま、ボールの上に座る

ボールを当てる位置は、お尻に力を入れたときにできるくぼみの辺り。

(3)そのままゆっくりと体重をかけ、痛気持ちよいくらいの強さで20秒間、左右にグリグリする

おもちゃのゴムボールが無ければ、タオルを巻いたゴルフボールでもOK。

お尻歩き

体を柔らかくするもう一つの方法は「お尻歩き」

そのやりかたは

(1)リラックスしてあぐらをかく

(2)お尻のコリコリした骨で足踏みをするような感じで、左右に体を20回揺らす

(3)そのあと、腰を中心に上半身を倒すストレッチを、前後それぞれ5秒間おこなう。

この一連の動作をできるだけゆっくりと行う。

フィットネスジムもAI! 1回20分で効率よくトレーニングできる「エクササイズコーチ」

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ