エクササイズコーチのデメリットは?

日本では大阪・心斎橋から始まり関東でも広がってきているパーソナルスポーツジムの「エクササイズコーチ

『1回20分でトレーニングができる』

『手ぶらで通うことができる』

『マシンが自動的に最適な力の入れかたを示してくれる』ので、より効果的に、そして無理をして怪我をしてしまうと言う可能性も少ないことなどがエクササイズコーチのメリットと考えられる。

一方で当然デメリットと思われることもある。

ここでは、エクササイズコーチのデメリットと思われることをチェックしてみよう。

スポンサーリンク

トレーニング着が用意されている

Instagramなどを見ると感じることだったりするが、トレーニング着が用意されている。

シューズなども用意されていて、これは会社帰りなどに立ち寄るのに荷物が少なくて済むと言うメリットでもあるが、スポーツジムに通うのに家で準備して出かけることで今日はジムによるんだと言う楽しみ感が減ってしまうという可能性がある。

毎日のように通うのではなく、ジムに行くのも非日常を楽しみたいもの。

自分で選んで自分好みのトレーニング着で運動したいというおしゃれを楽しむことも阻害されてしまう(もしかしたら、頼めばウエアを持ち込んでトレーニングできるのかもしれないが)。

エクササイズマシンが決まっている

従来型のトレーニングジムにはいろいろな器具がある。

その日の気分やコンディションによって今日はこれ、来週はこれと言うふうにいろいろなエクササイズを試すことができるのが一般的。

それができないって言う点ではこれもデメリットといえよう。

効率性やシンプルさのためにか、シャワーもないが、WWD JAPAN.comの体験記事によると、「20分のエクササイズ後に、シャワーを浴びたり、ドライヤーで髪の毛を乾かしたりする方が面倒かもしれません」とのこと。

エクササイズコーチのメリットを再考してみると

これらを踏まえた上で、エクササイズコーチのメリットを再度考えると、やはり効率性と言えるのでは。

マシンが自動的に負荷を調整してくれて、画面を見ながらどれくらい力を入れると良いのかがはっきりしている。

各店舗ではInstagramで情報発信しているので、それを参考にしてみると『実際に自分がエクササイズコーチに通ったらどうなるか』イメージがしやすいと思う。

もちろん、こういったインスタでは悪い評判はわからないが、コーチと一緒にInstagramに写真がアップされることもイメージしてみてはどうだろう?

楽しそうだなとか、ワクワクするなとかの感情であふれるのであれば、スケジュール帳や仲のよい友達との予定を確認したうえで、エクササイズコーチの無料体験に申し込んでみてはいかが?

【関連記事】
テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」で紹介 ダイエットに特化したAIフィットネスマシーンのエクササイズコーチ
エクササイズコーチのトレーニング機器
エクササイズコーチ店舗・インスタ情報

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ