サブ4!! 26日前 キロ5分30秒のテストラン

7月19日の「ランニングエンターテインメント サブ4!!」は、函館マラソン26日前の練習の模様。

吉竹さんは、サブ4ペースの1キロ5分30秒で、10キロを走りきれるかのテストラン。

中村さんと澤山さんは、キロ6分からスタートして15秒ずつ上げるビルドアップ走で、最終的にキロ5分30秒ペースに挑戦。

このテストランで、レース当日にサブ4ペースで走るかどうかを見極めたいという。

スポンサーリンク

速くなるほど姿勢に気をつける

普段のペースより速いときこそ、いつもの姿勢。

姿勢を正して、重心を高く保つ。

すると、着地もスムーズにいく。

速くなればなるほど、姿勢に気をつける。

実際のレースではゆっくりめで入る?

実際のレースでは、最初から5分半ではなくて、過去の経験上5分45秒くらいのゆっくりめで入ったほうが絶対良いという。

そのほうが結果的に、落ち込みが少なくてすむそう。

個人的には最初にある程度のペースに乗らないと辛いが、一般的にはそうなのかな?

スポンサーリンク

給水もゼリーも練習

給水の練習で少しむせながら「むずい!コップで飲むの」と吉竹さんがコメントしていたが、よほど練習しないと給水はむせる。

個人的な感覚では、1回の給水で一口分くらいしか飲めないが、割りと3人とも上手に飲んでいた。

ゼリーのほうが飲みやすいが、携帯して走るのが結構邪魔でもある。

吉竹さんと中村さんはいい感じで走破。

休んでいる割りに走れる中村さんだが、走っているときも「できるできるできる」とか良い言葉を自分に投げかけている。走っているフォームもさまになってきているように見える。

澤山さん呼吸が苦しくペースが遅くなったが、最後呼吸を調えてがんばったな。

次回20キロ走で、本番を迎えるのかな?

30キロ走をせずに、つめたい雨のコンディションで2人も4時間と数分で完走って、やっぱり凄いな!

【関連記事】
サブ4!! 基礎作り 1か月の成長記録
サブ4!! 3キロ・6キロを本番ペースの5分30秒で 芝生で足裏の母指球・小指球・かかとの感覚を磨く
サブ4!! 長距離走に役立つ腹筋・中臀筋トレーニング
サブ4! 西湖で20キロ走に挑戦
サブ4!! キロ5分×5のインターバルトレーニング

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ