ガッテン!浮き指に「ひろのば体操」

7月18日の「ガッテン!」のテーマは浮き指。

足の指が1本以上浮いていたら、浮き指。

男性で6割、女性で8割が浮き指で、浮き指の人には、ひざ痛・頭痛・肩こり・腰痛の人が多いという。

足を地に着いてバランス良く生活してなければ、体にいろんな影響が及ぼされる。

解説してくれたのは、これまで10万人以上の足型を集めてきた、桜美林大学の阿久根英昭特任教授。

スポンサーリンク

浮き指などなぜ肩こりや腰痛に?

浮き指だと、重心がちょっと後ろに移動する。

そうすると、その倒れかかったものをバランスを取ろうとするので、ちょっと猫背になる。

猫背になったときに重たいのが、約6キロもある頭。

その頭を支えないといけないので、首・肩・腰のあたりに負担がかかる。

それで、筋肉が緊張し血流も悪くなり、頭痛や肩こり・腰痛につながる可能性がある。

自宅でできる浮き指チェック法

(1)自然な状態でまっすぐ立つ

(2)だれかに協力してもらって、足の指の下に名刺ぐらいの熱さの紙をはさんでもらう

足指にちゃんと圧力がかかっていれば、指の下に紙は入らない。

しかし、圧力がかかっていないと、指の下に簡単に紙が入る。

スポンサーリンク

どうして浮き指になってしまうのか?

浮き指になってしまうのは、指を使わないから。

一番重要なのが、靴。

自分の足にあった靴を選ばないでぶかぶかな靴やヒールにすると、浮き指の原因になる。

靴をぴったり履くためのチェックポイント

シューフィッターの武田剛さんが、靴をぴったり履くためのポイントを教えてくれた。

・甲の部分に指が入る隙間があると、ぶかぶかな靴

ひもをほどかずに脱ぎ履きできるのは、ぶかぶかな靴を履いているのと一緒。

しっかりひもを結ぶと、うき指予防になるだけでなく、履き心地もぜんぜん違う。

もう一つのチェックポイントは

・つま先の親指の位置

つま先に余裕がありすぎるとぶかぶかに、余裕がないとつま先が当たってしまう。

理想は、かかとをあわせてから、つま先に1~1.5㎝の隙間があるくらい。

浮き指の改善方法

理学療法士の湯浅慶朗さんが、1日5分の簡単体操「ひろのば体操」を教えてくれた。

そのやりかたは

(1)片足を、反対の足の太ももの上にのせる

(2)のせた足の反対側の手のつけ根に、足の指を入れる

(3)足の指を甲のほうに、やさしく5秒間曲げる

(4)反対に、足の裏のほうにも5秒間曲げる

これを15往復をめやすに繰り返す。

足の甲の固まった筋肉がほぐれて、浮き指が改善するという。

【関連記事】
その原因、Xにあり! 肩こりの原因浮き指をタオル1枚を使った足指引き寄せエクササイズで解消へ
サタデープラス 足指を鍛えるゴルフボールつかみ

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ