ごごナマ お尻力で健康寿命アップ!簡単お尻エクササイズ

7月18日の「ごごナマ」で、『お尻力で健康寿命アップ!』と題して、衰えたお尻の筋力を鍛える簡単お尻エクササイズが紹介された。

健康寿命を延すカギはお尻にあるという。

教えてくれたのは、ピップアップアーティストの松尾タカシ先生。

夏休みの宿題と健康管理とライザップ

スポンサーリンク

お尻は良い事づくめ

お尻の筋肉は、人間の体の中で、一番大きな力を出せる筋肉。

お尻の筋肉を使うことによって、しっかり歩くこともできるし、筋肉は関節も守っているので、ひざ痛や腰痛の予防になり、スタイルアップにもつながるという。

お尻の中の筋肉を緩めて前側の筋肉を鍛える

お尻の筋肉は、体を垂直に立たせたり、衝撃を吸収したり、バランスをコントロールすることにものすごく関係している。

お尻の深いところにある筋肉を緩めて、体の前側にある脚を上げるときにつかう筋肉を鍛えると、お尻が自然に発達してくる。

年を取ると骨盤がだんだん後ろに傾いていくが、倒れている骨盤を元の位置にもどして、少し前傾するように骨盤を立てると、お尻の筋肉が勝手に発達していくという。

フィットネスクラブもAI! 1回20分で効率よくトレーニングできる「エクササイズコーチ」

あぐらストレッチ

運動不足などで体に違和感を感じている人に向けた、せまいスペースでもできるお尻のストレッチが紹介。

そのやりかたは

(1)床にすわって、あぐらをかく

(2)両手を前の床につける

(3)上半身を倒して、30秒ほど両腕を前のほうに伸ばしていく

お尻を浮かさないように行う。

(4)足を組み替えて、同じように行う。

伸ばしているのは、前側にある脚のお尻の筋肉。

左右差があるので、硬いほうを普段から意識して多めに行う。

お尻力チェック

・片足立をするとふらつく。たったまま靴下をはくことができない。

・長く歩くと腰やひざに痛みが出る。もしくは違和感がある。

などの7項目のお尻力チェックがらいふのホームページに載っている。

お尻力が弱いと、家の中でも躓いて転倒しやすい。

お尻力が弱いレベル1からレベル3まで、3種類のストレッチが紹介された。

スポンサーリンク

レベル1・ロケットストレッチ

(1)いすに浅めに座り、足を平行にしてこぶし1個分明け、胸をしっかり張り、両手をももの上におく

(2)上半身を脚のつけ根から、胸を張ったまま45度くらい前に倒す。

しっかり胸を張り続け、股関節から折り曲げる意識で、お尻を少し突き出すようにする。

ひざが内側に寄ったり、外側に開いたりしないようにする。

レベル2・90度ストレッチ

(1)床にあおむけになる

(2)片方の足のひざを寄せる

(3)ひざをゆっくりと伸ばす

できる人は、足首を返し、指先も返す。

反対の足でも同じように行う。

できるだけ、ひざを伸ばせるところまで伸ばすが、自分のできるところまで絶対に無理をせずに行う。

レベル3・タイガーストレッチ

(1)よつんばいの姿勢をとり、ひざの間はこぶし一つ分開ける。つま先は立てない

(2)腰が反った状態で、お尻をゆっくりと後ろに下げて、元に戻す

腰の反り感がなくなるところまで下げる。

腰が反った状態で股関節だけを曲げるのが、すごく大事。

この運動で、脚を上げる筋肉も鍛えられるという。

ストレッチ中にひざの間が広がってしまう人は、股関節が硬い。

家事をしながらお尻トレーニング

掃除機をかけながら行う、お尻トレーニングが紹介。

そのやりかたは

(1)片足立ちで、掃除機をかける

上げる脚は前に上げる。

【関連記事】
ソレダメ!お尻体操、アヒルのポーズ・スケーターのポーズ

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ