名医のTHE太鼓判 肩甲骨はがし「窓拭き体操」「肩回し体操」

7月16日の「名医のTHE太鼓判」は肩こり改善法について。

がちがちな肩甲骨周りをやわらかくする、肩甲骨はがしが紹介された。

解説してくれたのは、東京医科大学病院の遠藤健司先生。

【関連記事】
名医のTHE太鼓判 モヤモヤ血管に押圧
名医のTHE太鼓判! 医師太鼓判 血管を若返らせる食材にんにく
名医のTHE太鼓判!家族が脳卒中で倒れたときなどにやってはいけないこと

スポンサーリンク

肩甲骨可動域チェック

肩甲骨の可動域がどれくらいあるかのチェックのしかたは

(1)かかとを壁につける

(2)背中と頭も壁につける

(3)壁に腕をつけたまま、てのひらを返さずにゆっくりと両手を上げる

水平に対する腕の角度が45度未満の人はガチガチの肩こり、45度から60度未満は要注意。

肩甲骨の可動域が狭い人ほど肩こりに

首を支えている筋肉の土台となる骨が肩甲骨。

肩甲骨が動かなくなると、首を支えている筋肉の動きが悪くなって、筋肉が緊張して肩こりになる。

首を支えている筋肉は、僧帽筋という筋肉。

首と肩を支えていて、この筋肉の緊張が強くなると肩こりの大きな原因になってくる。

肩甲骨は鎖骨と一点でしかつながっていないので、上下左右に自由に動く。

しかし、普段、肩甲骨を動かさない生活を送っていると、僧帽筋も動かず血流が悪くなり筋肉が凝り固まってしまう。

スポンサーリンク

肩甲骨はがし

肩甲骨は本来、肋骨の上をすべるように動く。

ところが、肩こりの人は筋肉が硬くなっているため、肩甲骨が肋骨に癒着したような状態になっている。

肩甲骨はがしは、動きが悪くなった肩甲骨と肋骨の間をはがすように動かす運動。

これによって、もともとの肩甲骨の自由な動きを取り戻す。

窓拭き体操

大きな窓を拭くような動作の体操が紹介。そのやりかたは

(1)右手を左上に伸ばし、手のひらで大きな円を目の前に描くように動かす

(2)左手を右上に伸ばし、同じように円を描くように行う

肩回し体操

より深い部分の筋肉をほぐすことができるという「肩回し体操」のやりかたは

(1)肩よりも、ひじを高く上げる

(2)後ろに腕をゆっくり回す

肩甲骨を上からしぼるように寄せていく。

朝晩3回ずつ行う。

関連コンテンツ

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. […] 【関連記事】 ・名医のTHE太鼓判 肩甲骨はがし「窓拭き体操」「肩回し体操」 […]

  2. […] 【関連記事】 ・名医のTHE太鼓判 モヤモヤ血管に押圧 ・名医のTHE太鼓判 肩甲骨はがし「窓拭き体操」「肩回し体操」 […]

  3. […] ・名医のTHE太鼓判 モヤモヤ血管に押圧 ・名医のTHE太鼓判 肩甲骨はがし「窓拭き体操」「肩回し体操」 ・名医のTHE太鼓判! 医師太鼓判 […]