続・柔軟講座 大胸筋・僧帽筋のストレッチ

「趣味どきっ!続・体が硬い人のための柔軟講座」の第5回は、肩甲骨がテーマ。

肩甲骨を動かす動的ストレッチに続いて、大胸筋のストレッチや僧帽筋のストレッチが紹介された。

スポンサーリンク

大胸筋のストレッチ

胸の大きな筋肉・大胸筋が硬くなると、肩が前に出て姿勢が悪くなってしまう。

大胸筋の柔軟性がなければ、肩を後ろに持っていくことができない。

壁で腕開きストレッチ

(1)壁を横にしていすに座り、ひじを曲げて壁に手をつける

前腕と手を、真横よりも少しうしろの壁にしっかりつける。

(2)体を正面に向けたまま一度息を吸って、吐きながら頭を外側にひねり、鎖骨周りの筋肉を伸ばす

伸びを感じたら、20秒から30秒間キープする。

腕開きストレッチ

いすを2脚使って行う、左右の大胸筋を一度に伸ばす「腕開きストレッチ」のやりかたは

(1)向かい合わせに置いたいすの間で両ひざをつき、ひじから先を左右の座面に置く

(2)腕の位置をずらさずに、上体をゆっくり沈めて胸の前を伸ばす

スポンサーリンク

僧帽筋のストレッチ

背中の肩甲骨を覆う大きな筋肉・僧帽筋を伸ばす。

2種類のうち、伸びを感じるほうを続ける。

腕横伸ばしストレッチ

(1)いすに座り、片方の腕をまっすぐ前に伸ばす

(2)反対側の手で手首をつかみ、手のひらを正面に向ける

(3)一度息を吸って吐きながら、背中を丸め、つかんでいる手を横に引っ張って、肩甲骨の辺りを伸ばす

背もたれクロスストレッチ

(1)腕をクロスして、背もたれを横からつかむ

手の位置は、持ちやすいところでよい。

(2)頭を下げ、背中を少し丸める

背中の上部に伸びを感じたら、20秒から30秒間キープする。

関連コンテンツ

シェアする

フォローする

スポンサーリンク