あさイチ サンダルのお困りゴト 絆創膏はバッテン型に 足指の疲れは付け根を上下に

7月3日の「あさイチ」は、『クイズとくもり サンダルのお困りゴトよ!さようなら』

サンダル履きでなくても役立ちそうな、かかとの絆創膏の貼り方や足のマッサージのしかた、さらに、靴の臭いの消し方などが紹介された。

見逃した放送2週間以内の「あさイチ」ならU-NEXTで

スポンサーリンク

かかとへの絆創膏はバッテン型に切る

皮膚科医でフットケアが専門の高山かおる先生が、かかとに貼ってもはがれにくい絆創膏の貼り方を教えてくれた。

それは、絆創膏の四辺をV字に切り、バッテンの形にすること。

ポイントは肌なじみの良さと伸縮性

かかとは丸いが、丸いものに平らなものを貼るとたくさんのシワが寄る。

足首はいろんな方向に伸びるので、伸びジワができる。

接着面が広いと、この伸びジワができやすく、剥がれやすくなる。

バッテン型は、接着面が小さいので動きに対して、はがれにくい。

絆創膏はあくまで応急処置

はやく治すためには、雑菌がついたり感染を起こさないことが大切。

そのため大切なのは、きれいに洗うこと。

そのままお風呂に入ったりすると、雑菌が育ってしまう。

かならず絆創膏をはがして、シャワーで洗って、入浴は少し控えるとはやく治るという。

サンダル選びのポイント

自分の足にあったサンダル選びの大きなポイントは3つ。

・つま先・・・先端が5㎜ほど空いている
・幅・・・一番幅広な部分がぴったりのる
・かかと・・・2~3mmはみ出るくらい

ヒールのあるサンダルは、足が前に行きがちなので、ヒールに体重がしっかりのるものを選ぶ。

スポンサーリンク

サンダル疲れ解消法

理学療法士の金森慎悟さんが、サンダル疲れを解消するストレッチや足のケア法を教えてくれた。

サンダルはいろんな筋肉を酷使するので、疲れるという。

すねの外側の筋肉の簡単ストレッチ

すねの外側の筋肉のストレッチのやりかたは

(1)タオルをクルクルと丸めて、正座した足のつま先に差し込む

時間の目安は、20秒程度。

つま先をより強く反らせることによって、すねの外側の筋肉をより強くストレッチすることができる。

つま先が伸びると、つま先に直結したすねの外側の筋肉も引っ張られ、凝りがほぐされていくという。

すねの外側の筋肉の疲労解消法

すねの外側の筋肉の疲労解消法として、ラップの芯をつかった方法も紹介。

(1)ラップの芯をすねの外側に当てて、肌を傷つけないように軽くこする

ラップの芯でなく、綿棒などでもよいそう。

ふくらはぎのストレッチ

高いヒールは、常につま先立ちをしているようなもの。

そのため、ふくらはぎの筋肉はずっと縮んだままで、疲労がたまってしまう。

段差をつかったふくらはぎのストレッチ

(1)左足だけ、足の前3分の1ぐらいをのせる

(2)かかとを下に落としていくようにして、ふくらはぎをストレッチする

ケガをしないように、片足ずつ20秒間ずつを2~3セット行う。

階段などで、手すりにつかまりながらおこなってもよい。

つちふまずのケア

ぺたんこサンダルで特に疲れる、つちふまずのケア。

ぺたんこサンダルはソールが薄いために、つちふまずが着地の衝撃で大きな負担を受ける。

ラップの芯を転がす

(1)足裏で軽く圧を加えて、ラップの芯をゴロゴロと転がす

張りが取れるまで行う。

足指の疲れケア

高山先生が、足の指の疲れを解消するマッサージを教えてくれた。

足指のほぐし運動

ヨガの最初の運動としてやったりもする、足指のほぐし運動のやりかたは

(1)親指と人差し指のつけ根の部分を、手で上と下にほぐすように揉む

足指の根元の部分を10回もむ。

(2)人差し指と中指、中指と薬指、薬指と小指の間も同じように上下にほぐす

あさイチの放送では、近江アナが高山先生におまかせで揉んでもらっていたが、自分で行うときは、足を組んでひざの上に乗せて行うとよい。

実際にやってみると、テレビのように上下には全然ほぐれなかったが、確かに人にやってもらうと気持ちよさそう。

サンダルの臭い

サンダルは臭くなる原因は大量の汗

足は、体のほかの部位に比べると、3倍以上の汗をかく。

足裏の角質のなかには、たくさんの細菌が住み着いているが、細菌は温かく湿った環境が大好き。

汗で蒸れれば蒸れるほど、細菌が増殖し、臭いもきつくなる。

サンダルはほとんど場合素足で履いているので、これらの細菌がサンダルに定着し、サンダルがどんどん臭くなる。

サンダルの臭いには重曹水を噴霧

履物クリーニングの達人・濱岡裕司さんによると、サンダルの臭いは市販の重曹を使うことで落とせる。

(1)小さじ1杯の重曹を、水100mlに溶かして重曹水を作る

(2)これをサンダルの内側にスプレーする

(3)乾くまでおく

汗や皮脂の汚れは、もともと酸性。

重曹水は弱アルカリ性なので、中和して臭いの元を除去するという。

さらに、中敷きの黒ずみは消しゴムでこすって落とし、それでも落ちない頑固な汚れは台所用中性洗剤小さじ1杯を水100mlで薄めて歯ブラシで落とすという。

サンダルの臭い防止術

・一日履いたら2日陰干しする・・・帰ってすぐ下駄箱に入れるのはダメダメ。下駄箱は通気性が悪いので、余計に細菌が繁殖しやすい。

・新聞紙は一晩で交換する・・・新聞紙で湿気を取るのも有効だが、使い続けてしまうと湿気が逆に靴に戻ったりする。

・ドライヤーで冷風をあてる・・・温風だと素材を痛める可能性があるので、冷風で乾かす。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ