初耳学 女性が鍛えるべきは肩 買い物袋をつかった肩のトレーニング

6月24日の「林先生が驚く!初耳学」に、ライフスタイルモデルとして注目をあびる栗原ジャスティーンさんが登場。

「毎日体重とにらめっとして、もっと痩せなきゃ、もっと食事削らなきゃとやっても、たぶん幸せにはたどり着かないと思う」と語る栗原さんが、買い物帰りに家でできる肩のトレーニング方法を教えてくれた。

【関連記事】
初耳学 美ボディの秘訣は腸腰筋 ペットボトル・雑巾で腸腰筋とお尻を鍛える

スポンサーリンク

女性が鍛えるべきは肩

食事制限ダイエットを反省し、好きなものを食べその分よく運動する彼女によると、女性が鍛える場所は肩という。

肩幅があると、その分小顔になり、お腹が同じサイズでも対比で細く見える。

肩はムダは脂肪が少し取れると、きれいなラインが現れ、くびれや小顔効果が生まれるという。

バランスよく鍛える

肩の前の筋肉を鍛えると、首から肩へのラインが美しくなる。

肩の横は大きな筋肉なので、肩周りの印象を変える大きなポイントになる。

肩の後ろの筋肉は腕の筋肉とつながっているので、鍛えると二の腕のラインも美しくなるという。

前・横・後ろをバランスよく鍛えるのがポイント。

家庭で簡単にできる肩のトレーニング

買い物帰りに簡単にできる、肩のトレーニングが紹介。

そのやりかたは

(1)買い物袋を両手にもち、足を肩幅くらいにひらき、ひざを軽く曲げる、上半身を少し前屈みにする。

(2)腕を真横より少し前に広げる

(3)続いて、腕を前に上げる

(2)と(3)を繰り返す。1日10回繰り返す。

ジムもAI! 短時間で効率よくトレーニングできる「エクササイズコーチ」

関連コンテンツ

シェアする

フォローする

スポンサーリンク