ノンストップ!1/11 陣内智則滑りまくりの3ACT SLIDE

1月11日の「ノンストップ!」で、楽しみながら体を鍛える「エンターテインメント×フィットネス」が、2017年注目トレンドキーワードとして紹介。

モデルプレスの高岡惠副編集長が、自らからだをはりながらレポートしてくれた。

スポンサーリンク

イチオシはFTF(映像型ファンクショナルトレーニングフィールド)

トレンドのイチオシというのがFTF。

TIP.X TOKYO 渋谷(ティップクロス東京 渋谷)で体験できる。

FTFとは、映像型ファンクショナルトレーニングフィールドのことで、フィールド上に投影された映像を追いかけるように足や手でタッチ。

デジタルや光による演出を楽しみながら、ゲーム感覚で筋力・瞬発力・バランス感覚を鍛える体を鍛えることができるという。

バンジーワークアウト

同じくTIP.X TOKYO にあるバンジーワークアウトは、バンジージャンプの要素を取り入れて、浮遊感や不安定感を楽しみながらトレーニングできる。

バランス感覚アップや脂肪燃焼が期待できるという。

スポンサーリンク

VRを用いたフィットネス

2017年は、VR(バーチャル・リアリティ)を用いたフィットネスが、日本上陸予定。

仮想現実で自転車トレーニングが楽しめたりするようになるというが、THE BODY RIDE には日本に一台しかないというイカロスというマシンがある。

体重移動で、空中を上下左右に進行方向を変え、リングをくぐったり敵のドローンを倒して進む。

空を飛んでいるかのような体験をしながら、首回り、腹筋、太もも、ふくらはぎなど、体を支える筋肉のトレーニングになるという。

スマステ 3/11 VRフィットネスICAROS(イカロス)

3ACT SLIDE

最後にスタジオで紹介されたのが、3ACT SLIDE。

滑るボードの上で、いろんな方向にスライドするようなトレーニングを行う。

設楽統さんがコメントしていたが、スピードスケートを真似して「廊下で小学校のときとかやっていた」ようなトレーニング。

お尻と内もも、おなかを重点的に鍛えられる。

陣内智則さんが、楽しそうに滑りまくっていて「滑るの上手ですね」と突っ込まれていた。

VRと融合したトレーニング方法もこれからいろんなのがでてくるだろうが、やり続けられる廊下などでお手軽にできるものが好いな。

フィットネスクラブもAI! 1回20分で効率よくトレーニングできる「エクササイズコーチ」

関連コンテンツ

シェアする

フォローする

スポンサーリンク