情熱大陸 女性が「なりたいカラダ」No.1 中村アン 求められていないことがわかっても結果を

6月17日の「情熱大陸」に、中村アンさんが登場。

身長161センチでモデルとしては小柄。

今でこそ、女性がなりたいカラダナンバーワンだが、「中村アンが求められていないときに、痛いほど感じながらも、結果を残したい」と腐らずに努力してきたことを、けっこう淡々と語っているところが印象的だった。

女性専用パーソナルトレーニングジム

スポンサーリンク

悩んでいたときに巡り会ったジム

モデルのスタートは早くなく、しかも身長は高くない。ならば、どこで自分をアピールするか?

悩んでいた時に巡り会ったいうのが、番組ではその名前は出なかったが、リーボックのクロスフィットトレーニング。

2年半前から通い始めたジムで肉体改造に取り組んでいて、日常生活も変化したという。

こちらも名前は出なかったが、メニューを組んでいるカリスマトレーナーのAYAさんも登場。

クロスフィットトレーニングは、短時間の有酸素運動と無酸素運動を組み合わせるサーキットトレーニング。

中村さんは「体が変わって自信がついた。落ち込んだときの立て直しも上手になった。基礎ができると、太りにくくなるよね。それを作るまでが大変なんだけど、基礎代謝がめっちゃ上がるから、燃えやすい体になったすごく」という。

吊るされている感じで上に引き上げる 全部を

立ち姿の撮影では、見えないところにも神経を使っている。

それは、つま先。

一人で写る写真に身長は影響しないが、ずっとつま先立ち。

太ももから腰にかけた筋が出たりとか、人間て動くと筋肉が動いて、手をあげても筋ができて凹凸ができる。

ストンとしていたらスタイルは良く見えないが、「上に引き上げる 全部を」という感じで意識して、吊るされている感じでつま先立ちをしているという。

写っていないつま先立ちが、ボディーラインに表情を与えている。

良さそうだと聞けばなんでも試す

体の美しさで勝負しようと決めた以上、良さそうだと聞けば何でも試す。

番組では、休日に東洋医学を取り入れた美容サロンで、肌を真っ赤にしながら施術されていた。

求められているわけではないのを感じても結果を残す

別に中村さんさんを求めて、その番組に出てるわけではないから、それがすごく痛いほど感じるから、何かこう本当に、じゃあ一回チャンスをっていうので入れてもらってるから、そのなんかマイナスから、マイナスではないんだけれどそうはいっているものに「あっ、結構良かったね」という結果を残したいって思いながら毎回やってる感じでした。

って、これが一番すごい!

いくら覚悟して飛び込んた世界といえども、何回か続くと萎えるに違いないのに。

【関連記事】
良かれと思って! AYA流腹筋、スクワット、腕立て伏せ
櫻井・有吉THE夜会 土屋太鳳がAYAのジムで特別メニューで猛特訓

関連コンテンツ

シェアする

フォローする

スポンサーリンク