世界一受けたい授業 タイプ別便秘対策運動 お尻歩き、腰ひねり、腸もみガス抜きマッサージ

6月16日の「世界一受けたい授業」で、若い女性、男性、高齢者のそれぞれがなりやすい便秘の原因と、改善のための食事が紹介。

さらに、タイプ別に簡単にできる運動も紹介された。

教えてくれたのは、『寿命の9割は腸で決まる』の著者・松生クリニック院長の松生恒夫先生。

【関連記事】
世界一受けたい授業 タイプ別便秘対策 朝夜食前にオリーブオイルキウイ

スポンサーリンク

高齢者向け便秘解消エクササイズ「お尻歩き」

高齢者におすすめという運動が、床に両脚を伸ばして前進する「お尻歩き」

排泄力が弱った高齢者は、大腸の動きを活発にするために、1日3分のお尻歩きをするとよい。

男性向け便秘解消エクササイズ「腰ひねり」

一日中デスクワークで座りっぱなしの男性は、腸が停滞して便秘が悪化する。

そんな人でも、座ったままできる簡単な運動は、腰ひねり。

そのやりかたは

椅子に座ったまま、腰を左右にゆっくり10回ひねるだけ。

腸が動いているのを意識しながら、行う。

10回を1セットとして、1日2セットが目標。

もちろん、男性以外でも効果は期待できる。

スポンサーリンク

若い女性向け便秘解消エクササイズ「腸もみガス抜きマッサージ」

特に若い女性が気にするのが、便秘によるお腹のハリ。

普通の人は、1日に1.5リットルほどおならをする。

しかし、便秘の人はこのおならが出せずに、大腸内に溜まってしまい、その結果、腹痛はもとより、体臭がしたり肌荒れが起こる。

そんな若い女性にオススメというのが、腸もみガス抜きマッサージ。

そのやりからは

(1)横になり、右ひじを立てて頭を支える

(2)左の手のひらをおへその下にあて、大腸に沿うイメージで、時計まわりに円を描くようにマッサージする

力を入れる必要はない。

これを1日3分行う。

通勤・通学のときに、体をねじりながら歩いたり、信号待ちとかのときに腕ふりして骨盤を動かすだけでも全然違うと思う。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ

コメント