名医のTHE太鼓判!腰痛改善に川村明先生の1日3分のひざ裏伸ばし体操

6月11日の「名医のTHE太鼓判!」は、『ひざ裏伸ばしで奇跡の改善!?』

腰痛が、1日3分のひざ裏伸ばし体操を2週間続けることで劇的に改善した人たちが紹介。

川村明先生が、1日1分ずつ3種類のひざ裏伸ばし体操「ワン・ツー・スリー体操」「壁ピタドローイン」「壁ドンストレッチ」を教えてくれた。

スポンサーリンク

ひざ裏は脚の中心

人間の基盤になるのは足。

足の一番中心になるのは、ひざの裏。

ひざの裏が硬くなって曲がってくると、体全体が歪んでくる。

曲がったひざを伸ばしてあげれば、骨盤が立って背なかが伸びて、その結果、腰痛改善につながる。

ひざ裏から伸びる筋肉は骨盤とつながっているので、ひざ裏を伸ばすことで自然と欠番が正常な角度を保ち、腰痛改善につながるという。

ワン・ツー・スリー体操

(1)足を大きく広げ背中を伸ばし、息を吐きながらお尻を落とす

(2)落としたら、ふとももを3回たたく

(3)息を吸って背中を伸ばして、お尻を3回たたく

体を上下することで、骨盤を支える筋肉が鍛えられ、弱った腹圧が回復。

その結果、背骨が伸び腰痛改善につながるという。

壁ピタドローイン

(1)壁にかかと、腰、背中、後頭部をつける

(2)つま先は90度に開き、ひざは内側に寄せる

(3)最後に、おへそを壁側に寄せて5秒間数える

壁に体をつけることで、背骨を一直線に伸ばす。

すると、頭からかかとまで全身の筋肉に力が入り、体幹が鍛えられるという。

壁ドンストレッチ

これが一番大事という「壁ドンストレッチ」のやりかたは

(1)壁の前に立って、肩幅で両手をつく

(2)両手の間に視線を置き、足を前後に開いて後ろ足のひざを伸ばす

(3)そして、5回壁を押す

(4)最後に5秒間止める

両手で壁を押しながら、ひざ裏を伸ばす。

すると、全身に自然に力が入り、背筋・腹筋などが同時に鍛えられるという。

一番大事なのは、ひざの裏を伸ばすこと。

そのためには、かかとが床から浮かないように、できれば床を踏みしめるような形で伸ばす。

これらの3つの運動を一日1分ずつ、2週間続ける。

【関連記事】
腰痛予防改善体操・ストレッチまとめ

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ