ランニングエンターテインメント サブ4!! 長距離走に役立つ腹筋・中臀筋トレーニング

函館マラソンで3人の女性が4時間切りを目指す、BS日テレ「ランニングエンターテインメント サブ4!!」

6月7日の放送では、富士五湖のひとつ西湖での合宿の前編がオンエア。

登り坂の走り方や、体幹トレーニングのやりかたなど気になったことを確認しておこう。

【関連記事】
サブ4!! 基礎作り 1か月の成長記録
サブ4!! 3キロ・6キロを本番ペースの5分30秒で 芝生で足裏の母指球・小指球・かかとの感覚を磨く
サブ4! 西湖で20キロ走に挑戦

スポンサーリンク

登り坂はひじをしっかり後ろにひく

アップダウンを走り心肺機能を高めるという、坂道ジョグ。

登り坂の走り方は、少し前に体重をかけて、ひじを後ろにしっかり引く。

少し前傾はするものの、胸を張って走る。肩に力いれずに肩を下げたままひじをひく。

下りを走りながらフリーアナウンサーの吉竹史さんは「内臓が揺れる」とコメント。

お腹や体幹を意識して走ると、着地のたびにぐにゃぐにゃとならないという。

体幹を意識しておなかを締めて走ると、内臓も揺れない。

長距離走に役立つ体幹トレーニング・腹筋

(1)仰向けに寝て、股関節90度、ひざ90度、足首90度に曲げる

(2)手をまっすぐのばし、おへそをのぞきこむように斜めに見る

(3)その体勢から腕は動かさないで、体を丸めるように上体を起こして床に手をタッチする

脚が動かないように、10回タッチする。

さらに

(1)の状態で両手をおしりの横において、両脚を胸のほうに引き付ける

このあと、頭のうしろで両手を重ね、浮かせた両脚を片脚ずつ引き上げながら、上半身もひねるトレーニングも。

お尻の中臀筋のトレーニング

中臀筋が弱いと、着地したときにぶれて、ひざが内側に入ってしまったりする。

(1)体をまっすぐにして横になり、上側の脚を真上に上げる

このとき、腹筋を意識したまま、(1,2,3と数えながら)1秒であげて2秒で下ろす。

お腹をグッといれておかないと、脚がフラフラする。

きつくなってくると、脚が前に出ていくので、そうならないように我慢する。

もうひとつのトレーニングは

(1)まっすぐ横になったら、上側の脚を90度に保ち、下の脚を真上にあげる

脚を上げるとき、ひざが曲がらないように注意する。

このほかにも、両脚と両肩でブリッジのような姿勢をとり、ひじを床につけて支えながら体を起こしたり、さらにその姿勢から片脚の股関節とひざを90度に曲げて浮かせてから体を起こす、お尻と腹筋を鍛えるトレーニングが続いた。

ゴムバンドで横歩き

ゴムバンドをひざの下に通し、まっすぐ前を見て体幹部を動かさないで、お尻を横に出して横に歩く。

つま先をまっすぐ前に向けて行う。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ