名医のTHE太鼓判!登山の登り方・下り方

6月4日の「名医のTHE太鼓判!」の、嶋大輔さん、クロちゃん、内山信二さんの3人が生活改善のため富士山頂を目指すプロジェクトで、三浦豪太さん指導のもと、階段を使った登山の登り下りの練習の様子が紹介。

すでに登山をしている人には当たり前なのかもしれないが、登山初心者にはかなり役に立つ内容になっていたかと思う。

【関連記事】
名医のTHE太鼓判 密着!心臓監視24時!

スポンサーリンク

登山は上と下との運動

検討的なレジャーとして近年注目されている登山。

有酸素運動のため心肺機能が強化され、エネルギー消費が多くダイエットにも効果的。

登りは後ろ足で蹴らず、会話ができるペースで

登りかたは、なるべく前足に体重をかける。

後ろ足で蹴ってしまうと、下に岩などを落としてしまったり、ズルッと滑ってロスになる。

前足加重で、ゆっくり進むことがポイント。

喋れるペースを心がける。

一般的な登山では、1時間につけ標高300メートルのスピードで登る。

しかし、富士山では速すぎる。250メートル以下にしたほうが上まで連続して続けられる。

実際に標高の高いところに行くと、呼吸自体でうまくできなくなってしまう。

そのために、会話ができるペースが重要。

スポンサーリンク

下りは体重を後ろ足に残す

下りが登山で一番大事な要素。

登山の下りには、速筋と呼ばれる筋肉が使われる。

速筋は加齢によって衰えやすく、高齢者が躓いたり転倒したりするのは、この筋肉の衰えが大きく影響しているという。

階段下りは、転倒防止にも有効。

下りの下り方があり、これをしっかりやらないと、ひざを壊してしまうという。

後ろの足で支えながら、下りるときに衝撃をドンとしないように、体重を後ろ足に残し、そっと前足を下ろす。

多くの人が苦しむのが長い下山道

富士山に登って多くの人が苦しくのが、長い下山道。

富士山で山頂まで登ったものの、自力で下りることができず、タンカで運ばれる人があとを絶たないという。

へたをすると、登山でひざの後遺症とかが出てしまうので、下山の技術と筋力をしっかりつけるのが重要。

ひざが痛くなったら後ろ向きで下りる

いよいよとなったら、後ろ向きで下りる。

ひざをずっと曲げられるので、足は後ろ向きのほうが楽。

しかも、ドスンとこない分、後ろ向きに下りるほうが衝撃も少なくて済む。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ

コメント

  1. […] 【関連記事】 ・名医のTHE太鼓判!登山の登り方・下り方 […]