奇跡のレッスン ランディ・ジョンソン ピッチャーはマウンドに立つかぎり学び続けろ!

NHK「奇跡のレッスン」野球ピッチャー編で、ランディ・ジョンソンが最強コーチとして登場。

1週間の特別レッスンが行われたが、この放送を見て「明日からピッチャーになろう」と思った子どもたちも多いのでは?

スポンサーリンク

軸足も踏みこむ足も拇指球に体重を

軸足で立ったときにバランスを取れるように、プレートに足をかけたときも拇指球に体重をかける。

軸足でしっかりバランスをとって、タメを作る。

足を上げたときに、全体重を親指の付け根の拇指球にかける。

投げた後は、踏み出した足の拇指球でバランスを取る。

拇指球でバランスが取れたら、すべての力をホームペースに向けられる。

しかし、かかとから踏み出すと、踏み出した足が回転してしまって、力が逃げてしまう。

まずは、ボールを持たない状態で、この動きを確認する。

キャッチボールでも、バランスを意識する。

バランスを教えてくれたのはノーラン・ライアン?

2メートルを超える身長もあり、自らもバランスが悪かったというランディさん。

コントロールの定まらないランディさんは、悩んだ末に29歳のときにノーラン・ライアン投手に相談。

「かかとから着するからフォームが崩れるんだ。踏み出したときに拇指球でバランスをとってごらん。コントロールもよくなるし、球威も増すよ」

ノーラン・ライアンに言われた通りに投げたら、本当に自分のピッチングが良くなったという。

拇指球でバランスを取ることがいかに大事なことか、身にしみてわかったという。

スポンサーリンク

投げたあとも何かに備える

「ピッチャーは投げたあと、必ず何かが起きると思って、それに備えておかなきゃいけない」

そういって、子どもたちに見せたのがイチローと対決したオールスターゲームのシーン。

イチローがファーストへの内野安打で出塁したが、確かに、一瞬スタートが遅れていると言われれば遅れている。

一瞬、クリーンヒットと判断してしまったのかもしれない。

ライナー性のゴロを好捕した1塁手も、アウトにできると思ったのだろうか、ファーストミットで地面を叩いているシーンも映っている。

実際の1塁のベースカバーのアドバイスは、

・ベースの内側を踏む・・・バッターランナーとぶつからないようにする。
・ベースは必ず右足で踏む・・・自分の足が絡まっ転んでしまうかもしれない。

ケガをしたときの克服のしかた

ケガをしている間、気持ちが萎えるのは当然。

しかし、そんなときに、プレーするだけが幸せではないということを学んだという。

野球をする上で、ケガは付き物。

しかし、リハビリを通して自分の体のことを知り、効果的なトレーニング法を学ぶことで、選手としてさらに成長できる。

これも幸せの一つ。

どんなレベルに達しても学ぶことは必ずある

経験を重ね実力がついても、学べることは必ずある。

22年のプロ生活それぞれの段階で、常に違うことを学んできたという。

最初は安定したフォーム、次はどう打者を打ち取るかという駆け引きを。

登板しない日でも、相手の打者を見て何かを得ようと心がけてきたという。

学ぶことを止めれば、成長は止まる。

自分の弱点を知り克服しなければ、いい球は投げられない。

ピッチャーを続ける限り、常に学び続けなければならない。

46歳のときでも「もっといいピッチャーになりたい」と学び続けていたという。

自分が自分のコーチになって修正する

試合が進めば、体も頭も疲れてくる。

そうなると、よけいにいつもの悪い癖が出て、バランスが崩れ、いい球がいかなくなる。

だから、ピッチャーは試合の中で、自分がどう投げているかしっかり認識することが、何より大事。

ピッチャーを助けることは誰にもできない。

何かがうまくいかないときは、自分が自分のコーチとなって、素早く修正しなければならない。

思うようにいかないと、すぐに自信が揺らいでくる。

でも、大事なのは、いかに素早く修正して立ち直るか。

悪いボールのあとは、すぐに修正する。

自信を持ってマウンドに立つ

マウンドに上がったら、存在感を示す。

おじけづいたり、焦った顔を見せては絶対にだめ。

相手チームは、必ず見ている。

自信をもってマウンドに立つのがピッチャー。

関連コンテンツ

シェアする

フォローする

スポンサーリンク