サブ4!! 3キロ・6キロを本番ペースの5分30秒で 芝生で足裏の母指球・小指球・かかとの感覚を磨く

5月31日のBS日テレ「ランニングエンターテインメント サブ4!!」は、過酷なペースアップトレーニングの記録。

函館マラソンに挑む、女優の中村静香さん、プロスケーターの澤山璃奈さん、フリーアナウンサーの吉竹史さんの3人のトレーニングが紹介。

スポンサーリンク

3キロを本番ペースで

トレーニング6週目は、3キロのタイムトライアルが実施。

最初の1キロはサブ4に必要な5分30秒のペーサーについていき、そのあとの2キロは自分のベストを尽くして走るという設定。

1か月で3キロを5分20秒くらいのペースで走れるようになるとは、なかなか凄い!

片脚で立ったときに安定させる

走りだすと片脚ずつ着地するので、安定感がないと力を少しずつ外に逃がしてしまう。

片脚で立ったときに、しっかり安定させることが大事。

(1)目を閉じて左足をあげてキープする。

(2)反対の足を上げて、同じようにキープする。

バランス力を高めるには、足の指を鍛える。

足の裏は、ランニングするときに唯一モノに接している。

母指球と小指球とかかとの3点に均等に力がかかることが大事。

3点に力がいくように、体でバランスをとって立つ練習をする。

足の指を全部曲げてみる。

5本の指が上手に使えると、地面をしっかりととらえやすく、バランスが取りやすくなる。

具体的には、お風呂のなかなどで、グー・チョキ・パーの動作を繰り返す。

この動作を繰り返すことで、指の可動域が広がり、足全体でバランスを取ることができるようになるという。

スポンサーリンク

裸足で走ると体重の乗り方がわかりやすい

裸足で芝生の上を走ると、靴のクッションとかがないので、野性的な、体が本来もっている本能で走ることになり、どこに体重が乗っているかがわかりやすい。

裸足で、再度片脚立ちをする。

体のどこに力を入れるかを自分で探ると、母指球・小指球・かかとでのバランスの取り方が上手になる。

7週目は6キロのペース走

7週目のトレーニングは、キロ5分30秒で6キロのペース走。

3人とも5分半ペースで、この6キロも完走。

さらにプラス1キロに、ペースを上げて挑戦。

追加の1キロ全力走で、スピードを上げることで、心肺機能が上がる。

小指側の小指球にも重心が乗る感覚ってほとんどわからないので、今度芝生に行ってみよう。

【関連記事】
サブ4!! 基礎作り 1か月の成長記録
サブ4!! 長距離走に役立つ腹筋・中臀筋トレーニング
サブ4! 西湖で20キロ走に挑戦
サブ4 キロ5分×5のインターバルトレーニング
サブ4!! 26日前 キロ5分30秒のテストラン

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ