ニュースシブ5時 後悔さんに学べ 正しい立ち姿勢・座り姿勢

5月10日のNHK「ニュースシブ5時」後悔さんに学べのコーナーは、姿勢について。

姿勢について後悔しているというのは、アナウンサーの三宅民夫さん。

正しいと思ってやっていた姿勢が、首に異変をもたらしていたという。

解説してくれたのは、安岡整形外科脳外科クリニック安岡正蔵先生。

スポンサーリンク

症状

悪い姿勢によって現れた症状は、まず左腕のしびれ。

それが悪化して、自転車のハンドルをにぎる感覚も無くなってしまったという。

物を持っても、持つことはできるが、持っている感じがしないとも。

原因は首

左腕のしびれの原因は、首。

病名は、変形性頚椎症と、それによる頚椎症性神経根症。

首の骨が変形してトゲのようになり神経を圧迫し、しびれや痛みを引きおこす。

この病気は、大多数の中高年の肩こりを引き起こしている病気でもあり、進行すれば足に症状が現れることもある。

間違っていた姿勢の正し方とは?

猫背を直すために、鏡に映る自分をみて背筋を伸ばすことを意識していたというが、それが間違っていたという。

どこが間違っていたかというと、首。

背筋をまっすぐに伸ばしても、首が体の軸より前に出てしまっていると、頸椎の大きな負担は変わらない。

正しい姿勢をマスターする「壁テスト」

正しい健康的な姿勢をマスターして、日々実行することが重要。

そのための方法として紹介されたのが、壁テスト。

そのやりかたは

(1)かかとを壁につける

中高年の場合は、かかとは5センチから8センチくらい壁から離れていてもよい。

(2)ふくらはぎも壁につける

(3)お尻も壁につける

(4)肩甲骨も壁につける

(5)最後に、頭も壁につける

少しあごを引いた感じで、頭も壁につける。

(6)そのままの姿勢で、壁から離れて1分間歩く

(7)もとに戻って、もう一度姿勢をチェックする

毎日3分間を10日間行うと、かなり慣れてくる。

座っているときも首に負担がかかる

座っているときも、身を乗り出す前のめりの姿勢は、首に負担をかける。

頸椎は頭の重さ約5キロを支えているが、ちょっと前に出ると10キロ、さらに前に出ると20キロ分の負担が頸椎にかかってしまうという。

スマホを持っているときは、反対の手でスマホをもっているほうのひじを支えて、スマホを目線の高さ近くに上げる。

パソコンの場合は、モニター画面を少し高くしたりする。

ノートパソコンの場合は、台を置いてその上にパソコンを置く。

正しい座り姿勢は腰を丸めない

正しい座り姿勢のポイントは、腰を丸めないこと。

腰と背もたれの間に、バスタオルを丸めたものや小さなクッションを挟み、背中で軽く押す。

仕事上この姿勢を続けることができない場合は、思い出したときだけでもすると良いそう。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ

コメント

  1. […] NHKのニュースシブ5時で猫背の事が扱われていました。 […]