金スマ 死ぬまで歩くにはスクワットだけすればいい!? 小林流スクワット

4月20日の「金スマ」は『死ぬまで歩くにはスクワットだけすればいい!?』

小林弘幸先生が提唱する4種類のスクワットに、森昌子さんと長山藍子さんが1か月挑戦した。

フィットネスクラブもAI! 1回20分で効率よくトレーニングできる「エクササイズコーチ」

スポンサーリンク

足の筋力が障害健康のキーワード

足の筋肉の衰えで転倒する事故が増加。

高齢者が緊急救急搬送された理由の8割以上が、転ぶ事故によるものという。

転んで骨折すると寝たきりになってしまって、今まであるけていたのに全く動けなくなる人も多い。

そのことをきっかけに認知症になるリスクも高まる。

足の筋力こそが、生涯健康で生きるためのキーワード。

立ち上がりテスト

脚の筋力のテスト。

危険防止のため、高齢者は介助してもらいながら行う。

そのやりかたは、

椅子に座ってに手を組む

どちらかの足を上げる。

反動をつけずに片足のみで立ち上がり、3秒間静止する

一般的な椅子の高さは、45センチ。

この高さで立てないと足の筋力が弱っていてしまって元気に歩けなくなる可能性がある。

スポンサーリンク

1週目のスクワット

(1)肩幅に脚を開いて両手でいすをつかむ

(2)背筋をのばして、腰をゆっくりおろしていく

(3)今度は膝を伸ばす

この時、膝を90度以上曲げないように注意。

太ももやお尻に意識を集中して行うとより効果的。

これを1日10回行う。

お尻を突き出すようにして行う。

例えば、テレビを見ながらを行うとかでも良い。

慣れてきたら、両手を前にして行う。

2週目のスクワット

2週目のスクワットのやりかたは

(1)壁を背にして立ち、足を肩幅に開く

(2)お尻ら頭までを壁につけて、体を支える

(3)ゆっくりと腰をおろしたら、ひざを伸ばす

ひざは90度以上曲げないようにする。1日10回、無理をせずに行う。

3週目のスクワット

3週目のスクワットのやりかたは

(1)足を肩幅に開き、頭のうしろに両手を組む

(2)上半身をひねりながら、ゆっくりと腰を下ろす

(3)元の姿勢にもどり、反対方向も同じように行う

1日10回でOK。

体をひねることで腸も刺激され、便秘解消効果も期待できるという。

4週目のスクワット

4週目のスクワットは、3週目のひねるスクワットの進化版。

上半身をひねり腰を落とした状態で10秒間キープする

左右交互に5回ずつ、合計10回行う。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ