メレンゲの気持ち 由美かおるが30年間実践する呼吸法

2月24日の「メレンゲの気持ち」に、由美かおるさんが登場。

若さを保つ美のエクササイズとして、30年前実践している西野式呼吸法が紹介された。

【関連記事】
メレンゲの気持ち 由美かおる式アンチエイジング じゃこトーストとハーブコーディアルなら真似できそう

スポンサーリンク

準備運動「華輪」

まず、華輪という準備運動。そのやり方は

(1)肩幅に足を開いて立つ

(2)背筋を伸ばし、ぶら下がるイメージでひざを曲げる

(3)軸をずらさないようにして、両手を左右に振りながら体をねじる

呼吸が大事で、口から「シューッ」と息を吐いて、鼻から吸いながら行う。

30回行う。

呼吸法「天遊」

天遊という呼吸法のやりかたは

(1)自分の体が樹木だとイメージする

根っこから水を吸い上げてきて、緑の葉っぱの先端まで吸い上げるイメージで行う。

(2)上体を前に曲げながら、両足の裏のほうを意識して「シューッ」と息を吐いていく

(3)吐き終わったら、鼻から息を吸いながら、樹木が水を根っこから吸い上げてくるように体で線を描いて、ひざ、丹田、肛門、背骨を通って、徐々に両手をてっぺんまで上げる

(4)両手はそのままにして、丹田に意識を下げる

(5)両手を外側にひらきながら、息を口から吐く

空気にも重みがあり、それをやわらかく押していくように、両手を太ももの外側に下ろしていく。

1セット5回。起床後や就寝前などに、5セットほど行う。

MCの久本雅美さんが「教えていただいたんですけれども、1回もやってません。すいません」と謝っていたが、まずは3日坊主でもよいので数日続けてみよう。

【参考】
西野式呼吸法公式ページ

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ

コメント