ごごナマ 疲れにくい体をつくる非筋肉トレーニング 肩甲骨回し・腕曲げ伸ばし

9月6日の「ごごナマ」に、早稲田大学の広瀬統一教授が登場。

広瀬先生は、サッカー女子なでしこジャパンのフィジカルコーチとして疲労回復に重点をおいた非筋肉トレーニングを行っている。

そんな広瀬先生が、疲れにくい体をつくるトレーニングを教えてくれた。

そのなかで、肩こりに効くという肩甲骨まわりのトレーニングが、肩甲骨まわりを柔らかくするのにも良さそうなので、それを中心にちょっと確認しておこう。

夏休みの宿題と健康管理とライザップ

スポンサーリンク

非筋肉トレーニングとは

筋肉を大きくするのではなく、筋肉全体に刺激を与え、いろんな筋肉を連動させるトレーニング。

肩甲骨回し

肩甲骨を背骨のほうに寄せたり開いたりする「肩甲骨回し」のやり方は

(1)両手を前に出して組む

(2)腕を上から引きながら、肩甲骨を寄せる

(3)腕を回転させるように前に出して、肩甲骨を開く

10回ほど行う。

腕曲げ伸ばし

(1)うつ伏せになる

(2)両手を浮かせて前に伸ばす

Yの字のようになる。

(3)ひじを曲げ背中に引き寄せる

Wの字のようにする。

(4)腕を真横に広げ、前へスライドする

最初のYの字の形に戻る。

これを5~10回を1セットとし、1~3セット行う。

背中のハリもほぐれるというが、背筋にきそう。

体幹部分を安定させながら、しっかり肩甲骨を動かすことで、全身を連動させているという。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ