ヒルナンデス!ベターッと開脚ストレッチ ドアストレッチ

佐藤栞里さんと山田花子さんが「ヒルナンデス!」の企画の中で続けているベターッと開脚ストレッチ。

7月19日の放送では、2種類の基礎ストレッチ、1~3週目の週替わりストレッチのおさらいに続き、4週目のストレッチが紹介。

思うほどに体がストレッチできないのは、基礎ストレッチのやりかたが甘い可能性が・・・。

【関連記事】
ヒルナンデス!ベターッと開脚 椅子ストレッチ・上体反らしストレッチ

スポンサーリンク

4週目の週替わりストレッチ「ドアストレッチ」

ドアストレッチは、部屋の形を利用して行うストレッチ。

ドアでなくても両側に壁がある場所で、両足をしっかり固定できるところで行う。

そのやり方は

(1)足の側面を壁につける

(2)手をつける位置で、床につける

(3)その状態で、上半身を左右に30秒間揺らす

手を前につくのがきつい場合は、両手をドアにあてて、左右ではなく前後に揺らす。

左右の足をロックすることで、つま先が前に出ないようにすることが狙いという。

このドアストレッチは、内股からつけ根を伸ばしてきた1週目、股関節を柔らかくした2週目、骨盤を立てることを意識した3週目と、週替わりで段階を経たからこそ行える、すべての要素が集約されたストレッチ。

ドアストレッチで体が前にいかない理由

ドアストレッチで、なかなか体が前にいかない佐藤栞里さんと山田花子さんに対して、Eiko先生が改めて指導したのは、基礎ストレッチのタオルストレッチのやりかた。

「自分でやると手加減する」とEiko先生。

ひざの裏をしっかり伸ばしてやるべきだが、自分でやると確かにひざが曲がってしまう。

だれかに補助してもらう

だれかに補助してもらえるときは、補助する人に両手首をつかんでもらい、ストレッチする人がしっかり後ろに反る。

このときのポイントは、背中を伸ばすこと。

一度思い切り後ろに反ることで、逆に体が前に大きく倒れるようになるという。

二人一組なら自分への甘えも出にくい。

関連コンテンツ

シェアする

フォローする

スポンサーリンク