日経プラス10 健脚寿命を延ばすトレーニング

6月16日のBSジャパン「日経プラス10」で、『健康長寿は「健脚」から!股関節治療最前線』と題して、股関節の鍛え方と最新治療法について特集された。

その中から、股関節の健康度チェックリストと、股関節のトレーニング方法を確認しておこう。

解説してくれたのは、石部基実クリニックの石部基実院長。

1回15分?20分?忙しい人でも通えるジム

スポンサーリンク

健脚寿命とは?

健脚寿命とは、自分の足ですたすた歩ける期間のこと。

この言葉の生みの親でもある石部先生によると、今日本人の多くが、股関節の病気を抱えていて、ひざや腰・足首の不調も股関節が原因になっていたりする。

股関節の健康度チェックリスト

・たくさん歩いた日の夜は、股関節に痛みや違和感がある
・あぐらをかきにくくなった
・歩いていると肩が左右に揺れる
・足の爪を切る姿勢がつらくなった
・立ったままズボンや靴下を履くのがつらい
・手すりなどにつかまらないと立ち上がれない
・ひざや腰などを治療しているが、なかなか治らない
・子どもの頃に股関節を脱臼した
・血縁者に股関節を傷めた人がいる

特に最後の2つが危険。5個以上該当すると要注意。

そのまま放置しておくと、変形性股関節症になったりする危険がある。

股関節の負担を減らす「グッド歩行」

股関節の負担を減らす方法として、太った人はまず減量。

歩き方のポイントは、上からつりさげられたように真っ直ぐに立ち、かかとから着地すること。

かかとから着地することで、足首やひざがクッションの役割を果たし、股関節への負担が少なくなる。

健脚寿命を延ばすトレーニング 基本「浅いスクワット」

脚を肩幅程度に開き、ひざが90度程度になるまでしゃがんだ後、ひざを伸ばし上体を起こす。

あまりしゃがみ過ぎないことが大切。90度くらいで軽くで、大腿四頭筋という加齢とともに衰えやすい筋肉に効く。

1セット10回として、3セットを目安に行う。

健脚寿命を延ばすトレーニング 応用「片脚上げ」

床に横になって片脚を上げ、静止したあとゆっくり下げる。

中臀筋という股関節の横になる筋肉を鍛える。この筋肉が衰えると、揺れて歩くようになってしまうという。

どちらのトレーニングも、年齢とともに筋肉は衰えてくるので、自覚症状のないうちからしたほうがよい。

【関連記事】
シューイチ 12/4 中臀筋の簡単チェック方法とストレッチ&トレーニング
サタデープラス 左右の脚の長さが違う人は寝たきりになるリスクが!?

関連コンテンツ

シェアする

フォローする

スポンサーリンク