ゲンキの時間 下がり鎖骨による肩こり・首こりにボート漕ぎ体操

6月11日の「健康カプセル ゲンキの時間」で、鎖骨が本来の位置より下がってしまう下がり鎖骨と首こり・肩こりの関係とその解消法が紹介された。

解説してくれたのは、東京医科大学病院の遠藤健司先生。

スポンサーリンク

下がり鎖骨とは?

鎖骨は本来V字型だが、両端が下がって鎖骨が平らになってしまった状態が下がり鎖骨。

そうなると、鎖骨が下に下がっている分、肩がなで肩になって、首を支えている筋肉が引っ張られているような状態になる。

こうした筋肉の緊張した状態になると、硬くなった筋肉が血管を圧迫し、血行不良を起こし疲労物質が蓄積してこりが発生してしまうという。

なぜ鎖骨が下がるのか?

なぜV字だった鎖骨が下がってしまうのか?その原因として指摘されたのは、猫背と姿勢を変えないこと。

うつむいて背中を丸めた猫背姿勢は、肩が内側に入りやすく、健康骨は外側に開き前方に倒れてしまう。

その際、連動した鎖骨も下に引っ張られ、下がり鎖骨になってしまう。

悪化すると胸郭出口症候群に

下がる鎖骨を放置しておくと、鎖骨と肋骨の間(胸郭出口)がせまくなり、間を通っている血管と神経が圧迫される。

それが肩こりのひどくなった状態で、胸郭出口症候群と言われる。

血管や神経が圧迫されて炎症を起こすと、腕のしびれ、頭痛、めまい、冷えやむくみ、さらには歩行障害やうつに進行してしまうケースもある。

スポンサーリンク

肩甲骨ガチガチ度チェック

肩こり・首こりと密接にかかわる肩甲骨。肩甲骨がどれだけかたくなっているかチェックする方法が紹介された。

そのやりかたは

(1)壁の前に立ち、かかと、お尻、肩、後頭部を壁にくっつける

(2)壁に沿うようにしてゆっくり腕を上げていく

水平から60度以上上がればOK。45~60度はややガチガチ、45度未満はガチガチ。

ボート漕ぎ体操

遠藤先生がボート漕ぎ体操を教えてくれた。そのやりかたは

(1)ボートを漕ぐように腕を前から後ろに回す

(2)肩甲骨を寄せながらひじを肩の上まで上げてゆっくりと回し、呼吸を止めないようにする。

10回を1セットとして、1日2セット行うのが目安。

番組の最後で、しつこい肩こりの画期的な改善法として、痛みの原因になっている神経や筋膜のまわりに、生理食塩水などの薬液を注入する「ハイドロリリース」が紹介。

即効性はあるが、ただし根本的な解決にはならないので、日頃からのケア大事とのこと。

ボート漕ぎ運動を毎朝やると誓っていた渡辺満里奈さんだが、満里奈さんが五十肩とは時の流れは一瞬だな・・・。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ