サタデープラス 足指感覚チェック スクエア型・ギリシャ型・エジプト型にあった靴を

6月10日の「サタデープラス」のテレビ生健康診断は、足から分かる3つのリスク。

かかとのカサカサに続いて、足の指先の感覚について。

足の感覚が鈍い人は、肩こりが悪化するリスクがあるという。

解説してくれたのは、高山かおる先生。

【関連記事】
サタデープラス かかとカサカサに「かかととつま先の上げ下げ体操」
サタデープラス 左右の脚の長さが違う人は寝たきりになるリスクが!?

スポンサーリンク

足指の感覚チェック

(1)裸足になって目を閉じて立つ

(2)足の人差し指、中指、薬指のどれかを触ってもらい、どの指を触れられたかを当てる

指の根元から先のほうに撫でるように触ってもらい、3回行う。

3回中1回でも間違った場合は、足の感覚が鈍く、肩こりが悪化するリスクがあるという。

足の感覚が鈍くなるのは靴のせい?

歩き方のスペシャリスト・健康運動指導士の黒田恵美子先生によると、普段何気なく履いている靴に、足の感覚が鈍くなってしまう原因がある。

大きさの合っていない、特に大きな靴を履いていると、前に足が滑ってしまう。

すると、指の先が靴にあたって指のトラブルが起き、指が曲がってしまったり浮いてしまったりする。

靴の中で足が押されると、真ん中の3本の指が浮いてしまうことが多く、足の指を使わずに歩くと足の感覚が鈍くなる。

足指を使わないと全身のバランスが崩れる

足の指を使わないと、下半身が後ろに倒れる。

そのバランスをどうとるかとなると、顔を前に出すか、おなかを突き出すか、逆にあごを引いてすごく背中に力を入れるかになる。

すると、肩も首も腰も負担がかかってくる。

足の感覚を取り戻すためには、靴選びが重要。

足が悪くても、良い靴を履くと良い足になっていくという。

スポンサーリンク

足の形は3タイプ

足の形はスクエア型、ギリシャ型、エジプト型の3タイプに分けられ、それぞれのタイプにあった靴がある。

親指・人差し指・中指が同じ長さのスクエア型、人差し指が長いギリシャ型、親指が一番長いエジプト型があり、日本人に一番多いのはエジプト型という。

普段使いの靴は、自分の足のタイプにあったものを履いたほうがよい。

スクエア型には指先が丸みを帯びた靴

ギリシャ型は靴先の真ん中が長い靴

エジプト型は靴先の親指部分が長い靴

がおすすめ。

小島瑠璃子さんのコメントではないが、そんな観点で靴を選んだことはなかった。いつもチェックするのは、まず値段・・・。

足にも靴にもそんなに注意を払ってなかったが、なんらかの機会に足型をしっかり計測してもらって、より自分にあった靴が選べるようにしよう。

関連コンテンツ

シェアする

フォローする

スポンサーリンク