たけしのみんなの家庭の医学 自律神経の乱れチェック法とメリハリ力アップの横隔膜呼吸

4月25日の「たけしの健康エンターテインメント みんなの家庭の医学」は、血管の老化ストップ&不調改善SP。

このなかで、自律神経の乱れを自己チェックする方法や横隔膜呼吸が紹介された。

自律神経について解説してくれたのは、愛知医科大学医学部岩瀬敏教授。

横隔膜呼吸を教えてくれたのは、ウイダートレーニングラボ牧野講平トレーナー。

スポンサーリンク

自律神経とはそもそもどういうもの?

自律神経は、全身の様々な機能を自動的に調節してくれる神経。

自分の意思では動かせない心臓や胃腸、眼の瞳孔など全身の様々な部位をコントロールしている。

自律神経の乱れが、いろいろな不調の原因になる。

自律神経が乱れるとは?

交感神経は、緊張やストレスで強く働く。副交感神経は、食べたり寝たり休んでいるときに働く。

交感神経はアクセル、副交感神経はブレーキのようなもので、一方が上がるともう一方が下がってメリハリのついた状態が重要になる。

ストレスが続くとメリハリが失われ、自律神経が乱れる。

自律神経が乱れているかどうかを見分ける方法

(1)感動的な映画を見る

涙を流せる人は自律神経が正常。

興奮とともに交感神経が高まるが、涙を流すとともに気持ちが鎮まり副交感神経が優位になり、感情が安定する。

(2)激辛カレーを食べたときの汗のかき方

はじめは汗をかくが、食べ進めているうちに汗がひけば正常。

いつまでも汗がとまらないと異常。

スポンサーリンク

自律神経の乱れから血管が老化

自律神経の動きが血圧の異常にも関係している。

人間は起きているときは交感神経が活発になって、副交感神経が抑えられている。逆に寝ているときは、交感神経が抑えられていて、副交感神経が活発になる。

このメリハリがついていないと、将来的に高血圧になるリスクをはらんでいる。

夜になっても交感神経が興奮しっぱなしだと、血圧が高い状態が続き、動脈硬化が進行しやすい。

自律神経を改善する「横隔膜呼吸」

ひとつだけ、自分の意思で自律神経をコントロールできる方法として、ある特別な呼吸法が紹介された。

それが、交感神経を鎮め副交感神経を高める「横隔膜呼吸」

横隔膜呼吸は、鼻や口から胸いっぱいに息を吸い込む深呼吸と、おなかを意識しながら息を吸うときはおなかを張り、吐くときはおなかをへこませる腹式呼吸の両方を取り入れた呼吸法。

胸とおなかを同時に膨らませたり、しぼませたりすることで、より多くの空気を取り込める。すると、肺のなかにある肺胞の動きがよりゆっくり大きくなり、衰えた副交感神経を高めることができるという。

横隔膜呼吸のやりかた

胸の呼吸法と、おなかの呼吸法を別々にマスターする。

胸の呼吸法のやりかたは

(1)仰向けに寝てひざを立てる

(2)胸の上に手を置く

(3)胸が膨らんでくるのを意識しながら、息をゆっくり大きく吸い込む

(4)胸がしぼむのを意識しながら、息をゆっくり吐く

この吸って吐いてを5回繰り返す。

おなかの呼吸法のやりかたは

(1)仰向けに寝てひざを立て、脇腹に手を当てる

(2)おなかが膨らんでくるのを意識しながら、ゆっくり大きく息を吸う

(3)おなかがしぼむのを意識しながら、ゆっくり息を吐く

この吸って吐いてを5回繰り返す。

毎日、朝晩1セットずつ行うと、乱れた自律神経が安定し始めるとのこと。

さらに、右手を胸に左手を脇腹にあておなかの呼吸を同時に行うと

牧野先生の元で練習していたアスリートのように、よりメリハリの効いた自律神経を目指せるかもしれない。

焦らないでまずは、別々に呼吸を練習してみる。いや、映画やスープカレーが先かな?

【関連記事】
あさイチ 1/10 横隔膜エクササイズ

関連コンテンツ

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメント