その原因、Xにあり! 4/21 腰部脊柱管狭窄症予防に無限大体操

4月21日の「その原因、Xにあり!」は、有名人を襲った病気SPで、宮川大助さんが手術を受けたという腰部脊柱管狭窄症が取り上げられた。

解説してくれたのは、北野病院整形外科の太田雅人医師。また、清水整形外科クリニックの清水伸一院長が予防の体操を紹介してくれた。

スポンサーリンク

腰部脊柱管狭窄症とは

脊柱管は、脳と全身をつなぐ神経組織・脊髄の通っている道。

腰部脊柱管狭窄症は、その腰の部分の通り道が狭くなることで、神経が圧迫され足腰に痛みやしびれを引き起こしてしまう病。

近年、中高年に急増中で、50歳以上の8人に1人、70歳以上になると2人に1人がかかる。

早いうちに病気のサインに気付いて適切な治療を受ければ、手術をしなくても症状を抑えられるという。

腰部脊柱管狭窄症のサインは?

3月に手術をした宮川大助さんは、20年来という腰痛持ちでいろんな治療を受けていたという。

宮川さんの病気のサインというか症状は

・お尻から太ももにかけてしびれ
半紙一枚おいて、その上から触っているような感覚。だんだんひどくなってきて、両脚がしびれてきたという。

・脚がしびれ、休み休みでないと50メートルも歩けない
猫背になったり、前かがみになったり、壁に前に手をつくと治まるという。

・尿の感覚がほぼない
下半身全体が麻痺し、尿の出ている感覚がほぼないという。

・10分立っているのもつらくなる

スポンサーリンク

腰部脊柱管狭窄症の原因

加齢も原因の一つではあるが、大きな原因は悪い姿勢。

脚を組んだり、片方の肩でバッグを持ち続けることなどが、背骨本来のS字カーブを崩してしまい、腰に過剰な負担をかけてしまう。

加齢や過剰な負担によって背骨がトゲのように変形しやすくなるが、それが神経の通り道に突出してきて、神経の通り道が狭くなってしまう。

腰部脊柱管狭窄症の予防に「無限大(∞)体操」

1日3分でできるという、腰部脊柱管狭窄症の予防法を、清水整形外科クリニックの清水伸一院長が教えてくれた。

無限大によくなってほしくてこの名前にしたというが、腰の動きも無限大を表す8を横にしたような動きをする。そのやりかたは

・足を肩幅に開き腰に手を当てて、∞を描くようにゆっくり腰を5回まわす

ポイントは呼吸。

∞の前半を描くときは、息を大きく吸いながら腰回りの筋肉に力を貯め、∞の後半を描くときは息を吐き出して貯めた力を一気に抜く。

反対回りも同じように5回まわす。

立って腰を回すのがつらい場合は、壁に手をついてもよい。

これを、朝昼晩、1日に3セット行う。

腹横筋や骨盤底筋など、背骨のS事カーブを保つ体幹筋を活性化し、背骨の負担を軽減できるという。

こんな腰の回転ならよくやっているという気もするが、あらためて呼吸に気をつけてやってみよう。

関連コンテンツ

シェアする

フォローする

スポンサーリンク