世界一受けたい授業 バターが溶けるイメージで肩こり解消の筋膜リリース

4月1日の「世界一受けたい授業」で、今日から変われる20のことが紹介。

そのなかで、肩こり解消のための筋膜リリースが紹介された。

教えてくれたのは、竹井仁先生。

【関連記事】
世界一受けたい授業 宇宙飛行士も使うストレス対策「コーピング」
世界一受けたい授業 ぽっこりおなかに5秒腹筋
世界一受けたい授業 4/1 ねじれ腸による便秘解消に高カカオチョコレート
世界一受けたい授業 お茶は毎食後飲む お茶の豚バラロールが美味しそう

スポンサーリンク

もんでも治らない肩こりは筋膜が原因の可能性

筋膜とは、筋肉を包み込んでいる膜のこと。

筋肉をつくる筋線維一本一本まで包み込み、さらには一枚のボディースーツのように全身にまでつながっている。

そのため、腰の筋膜が歪み引っ張られることで肩にまで影響を及ぼし、肩こりを引き起こすこともある。

いくらもんでも治らない肩こりは、筋肉ではなく筋膜のゆがみが原因である場合がある。

肩こり改善・筋膜リリース

筋膜のゆがみを整えるエクササイズ「筋膜リリース」を教えてくれた。

今回教えてくれたのは、肩甲骨まわりのエクササイズ。

そのやりかたは

(1)イスに座り、背筋をピンと伸ばす

(2)両手を交差させ、それぞれ反対側のひじをつかむ

(3)そのまま両腕を斜め下に突き出して、10秒間そのままにする

このときに、腕と肩甲骨だけが前に行くようにしてして、腰や背中を丸めないようにする。

息は止めないで、ゆっくりと呼吸を続ける。

(4)続いて、今とは逆方向に引き上げて、10秒回そのままにする

肩甲骨だけが動くイメージで腕だけを引く。腰が反らないように注意する。

(5)続いて、ひじを肩と同じ高さにして、正面に肩甲骨だけを突き出して、10秒間そのままにする

(6)今度は、後ろのほうに肩甲骨を引き下げていき、10秒間そのままにする。

固まった筋肉がバターのように溶けていく感覚を意識しながら行うのが大切。

(7)同じように、斜め上のほうにグッと肩甲骨だけを突き出して、10秒間そのままにする

(8)斜め下方向、反対に引き下げて、10秒間そのままにする。

これら3方向で1セット。1日に3セットを目安に行う。

ゲストのみなさんが「バターが溶けないな」とコメントしながら行っていたが、最初うまくいかないのは当然。

遊び感覚のようにバターになり切るくらいでやるのがちょうどいいかも。

あるいは、コーピングのひとつに加えても良さそう。

まだコーピングリストを作っていないけれども、この肩のバター筋膜リリースも必ずリストに入れることに決定!

肩甲骨まわりのストレッチだけでも、何種類もあるなぁ。

肩こり解消体操・ストレッチまとめ

関連コンテンツ

シェアする

フォローする

スポンサーリンク