その原因、Xにあり!腰痛決別SP ぎっくり腰を予防するスタック・シッティング

2月17日の「その原因、Xにあり!」は、腰痛決別SP。

寒さで血行が悪く、筋肉が硬い冬にはぎっくり腰が多発するという。

【関連記事】
その原因、Xにあり!寝起き腰痛は寝返りしにくい睡眠環境に。玄関マットとタオルケットの寝返り枕

スポンサーリンク

突然のぎっくり腰も、日ごろの腰へのストレスが影響

多くの人を悩ませるぎっくり腰の正式名称は「急性腰痛症」といい、突発的に起こる腰の痛みの総称で、筋膜の炎症や、筋線維の断絶、椎間板の神経刺激などいろいろな原因で起こる。

しかし、ぎっくり腰になる前に共通することとして、腰への負担の蓄積がある。

ぎっくり腰になってしまうのは、一瞬の動きだけではなく、日ごろの腰へのストレスが大きく影響している。

メディカルトレーナーの伊藤和磨さんによると、ぎっくり腰には効き尻が関係しているという。

効き尻チェック

人には利き手や効き足があるように、身体の左右にあるものには優位性が生じる。

お尻にも、効き尻とそうでないお尻がある。

効き尻のチェックの仕方は

(1)左右どちらか一方に両方の足を投げ出し、床に横座りする

このとき、身体を垂直に保つように心がける。

(2)同じように、反対側に両方の足を投げ出し、床に横座りする

楽に横座りできるときに、床についているお尻が効き尻。

効き尻による歪んだ姿勢で腰に疲労物質が蓄積

座るときに効き尻に偏りすぎることが、ぎっくり腰の原因となってしまう。

効き尻側に体重が偏りすぎて座っていると骨盤が傾き、すると、頭で身体のバランスを取ろうとするために背骨が湾曲。

こうして、ゆがんだ姿勢が定着してしまうと、腰の筋肉やじん帯などにストレスがかかり、徐々に疲労物質が蓄積。

その結果、あるとき、ふとした動きがきっかけでぎっくり腰になってしまう。

効き尻の傾きを招く危険な座りかた

私たちが普段やってしまっている座りかたが、効き尻の傾きを招いてしまう。

普段やりがちな危険な座りかたが3つ指摘された。

(1)足組座り

足を組むと骨盤が後ろに倒れて、さらにねじれる。これによって、椎間板にかかるストレスが増す。

(2)すべり座り

本来であれば、背骨の関節の隙間が均一になっているが、背中が丸まって骨盤が後ろに倒れてしまうと、関節の隙間が空き骨によるストッパーが無くなってしまい、腰椎が横にずれやすい無防備な状態になってしまう。

(3)モデル座り

脚を流すことで、骨盤が傾き、腰にストレスがかかる。

どうしてもモデル座りをしなければならないときは、普段の楽なモデル座りとは反対の方向に脚を流し、違和感のある状態を2、普段の座りかたを1の割合で足の流しかたを変えて座る。

腰への負担を減らす「スタック・シッティング」

利き尻の偏りを防ぎ、腰にかかる負担を最小限にする座りかた「スタック・シッティング」のやりかたは

(1)お尻を突き出し、イスの先端に座る

(2)脚を前後に開き、前に出した足の小指の側面を床につけるように、足首を軽く曲げる。後ろに引いた脚は膝を深く曲げ、つま先を立てる

(3)最後に、前に出したほうの股を少しだけ開き、姿勢を安定させる

前脚によって身体が前に倒れるのを防ぎ、後ろ脚によって骨盤を立て、脚を開くことで左右のブレが少なくなる。

小さく、前後に開くだけでもよい。

前後の足は、時々入れ替える。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ

コメント

  1. […] ・その原因、Xにあり!腰痛決別SP ぎっくり腰を予防するスタック・シッティ… […]

  2. […] 【関連記事】 ・その原因、Xにあり!腰痛決別SP ぎっくり腰を予防するスタック・シッティ… […]