その原因、xにあり! 11/18 タレ尻改善 美尻アップダウンポーズ

11月18日の「その原因、xにあり!」

「たった3週間で若返りSP」で、垂れてしまったお尻をアップさせる方法が紹介。

桃尻からピーマン尻に、そもそも、なぜお尻は下げてしまうのか?スリムな人も危ないという。

フィットネスクラブもAI! 1回20分で効率よくトレーニングできる「エクササイズコーチ」

スポンサーリンク

お尻の霜降り化

スポーツドクターの中村格子先生によると、お尻が下げる原因は、お尻の霜降り化にあるという。

お尻の大殿筋の間に脂肪が入った霜降りのような状態になると、強度が落ちてしまい、重力に耐え切れずに垂れてしまうという。

この筋肉に混ざった脂肪は、皮下脂肪でも内臓脂肪でもなく、30代以降のほとんどの女性にみられる。

筋肉のターンオーバーのときに、運動不足などにより、筋肉の赤ちゃんともいえる「筋サテライト細胞」が筋肉のなれずに脂肪になってしまうだと。

そうならないためには、筋肉を育てるエサと環境が大事。

 筋肉を育てるエサ

健康院クリニック院長・細井孝之先生によると、お尻の筋肉を育てるにはタンパク質が大切。特に動物性タンパク質に含まれるロイシンというアミノ酸が必要。

野菜中心の食生活では不足しがち。

ロイシンが多い食材にはカロリーが高い食材が多く、細い先生のおすすめは1日にヨーグルト200gと卵1個が目安。

筋肉を育てる環境

階段の上り下りなど、筋肉細胞の赤ちゃん「筋サテライト細胞」にしっかり刺激を与えることが大切。

中村先生が、テレビをみながらでもできる、簡単美尻体操をおしえてくれた。

スポンサーリンク

美尻アップダウンポーズ

まず、アップダウンポーズ。

(1)かかとをつけて足を開き、そのままかかとをあげる

(2)頭の上で両手をあわせ、体全体をまっすぐ上に伸ばす

(3)5秒キープしたら、手とかかとを下ろす

これを5回繰り返す。

続いて、ダウンポーズ。

(1)足を肩幅より開いて、つま先は外側にむける

(2)状態をまっすぐ立てたまま、腰をひざの高さまでゆっくり落とす

(3)もどるときもゆっくりもどる

これを4回繰り返す。

(4)5回目は四股のポーズのまま、腰を上下に5回動かす

アップとダウンのポーズを、朝晩1セットずつ行う。

番組では、大桃美代子さんが3週間、ヨーグルトと卵に美尻体操でヒップトップが2.5センチアップ。一般被験者のかたも0.5 ~2センチアップ。

サタデープラスでも、ほぼまったく同じ運動が紹介されていたので、お尻だけでなくおなかのためにも挑戦してみる価値がありそう。

【関連記事】
サタプラ 10/1 1回2分お腹とお尻のたるみ改善アップ運動ダウン運動

関連コンテンツ

シェアする

フォローする

スポンサーリンク