ソレダメ!11/9 肩こり改善にあべこべ体操(マルソラ体操とニョロニョロ体操)

11月9日のテレビ東京系「ソレダメ!」

寒くなってくると一段と辛くなる肩こり。国民病ともいえる悩みのたねの肩こりに効果絶大と話題の「あべこべ体操」が紹介。

教えてくれるのは、あべこべ体操考案者の北洞誠一先生。

スポンサーリンク

あべこべ体操とは

日常的な動きのパターンによって凝り固まった筋肉を、あべこべに動かすことでゆるめる体操。

基本動作とあべこべ動作の2パターンがあるのが特徴。

北洞流肩こりチェック

まず、どれくらい肩が凝っているのかを確認。

いすに座って、両手を組んでひっくり返して手の平を前方にむけたら、すーっと上げていく。ひじは伸ばしたまま頑張らない程度に上げていく。

両手を組んでひじを伸ばしたまま上のほうに上げていく。

腕が上がらない場合は、筋肉が縮んでいると北洞先生。

マルソラ体操(基本動作)

首から肩にかけてを楽にするマルソラ体操の基本動作は、両手を組んで、そのまま手のひらを頭の後ろにあてる。

頭を下げるときはひじを閉じ、頭を上げるときはひじを開く。

(1)組んだ両手を頭の後ろにあて、頭を下げて背中を丸める

背中を丸めるときは、おなかをへこます。

(2)こんどは、おへそを出して背中を反らせて頭を上げる

背中を反るときはおへそを突き出し、グーッと上を見る。

これを5回行う。

(3)手を戻して深呼吸する

マルソラ体操(あべこべ動作)

ここから、頭をあべこべにする。

(4)背中を反らせて頭をさげる

(5)背中を丸めて頭が上げる

慣れてきたら、あげこべ動作も同時にできるようになる。なめらかにできればできるほど筋肉は緩んでくる。

筋肉が上下に伸びることで、肩の血行がよくなり、肩こり改善につながるという。

もうひとつ、肩から背中にかけての凝りを改善する体操が紹介。

スポンサーリンク

北洞流背中のコリチェック

背中で握手してみて、どれくらい手が離れているかをチェックする。

ニョロニョロ体操(基本動作)

基本動作ポイントは「ニョロニョロ」と声に出しながら、思いっきりニョロニョロすること。

(1)立った姿勢で体の前で手を合わせ、ひじを動かして肩甲骨を動かして、好きなように、いろんな方向に声を出しながらニョロニョロする

(2)ニョロニョロしながら手を上げていき、手が上でピーンと伸びたら3秒キープ

(3)3秒キープした直後に、ストンと脱力する

この動作を3回行う

ニョロニョロ体操(あべこべ動作)

同じニョロニョロでも、手が上がっていくときにお尻を下げていく。

(4)ニョロニョロしながら手は上げていくが、お尻は下げていく

(5)手がピーンと伸びたら、お尻は下げたまま3秒キープ

(6)ストンと脱力したら、もともまっすぐな姿勢ももどる。

心地よい方向は筋肉がほぐれる方向。自分が心地よいと感じる方向にニョロニョロとやる。

ゆるゆるで良いので、毎日やり続けることが大切と北洞先生。

やってみるとおもったより体が温まるし、半年くらい痛みの引かない左肩にもいいかも。

【関連記事】
肩こり解消体操・ストレッチまとめ

関連コンテンツ

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメント