サタプラ 11/5 ストレスや緊張を和らげる指先ピーン体操、爪もみ

11月5日のサタデープラスで、「あなたの手 3大健康チェックSP」と題して手でわかる健康チェックが放送。

手は顔などと比べて皮膚がうすいので、血管などの状態がわかりやすいという。

スポンサーリンク

指先が冷たい人は、脳梗塞の危険サイン?

富永ペインクリニックの富永喜代先生によると、指先の冷えには心身のストレスが隠れている。

耳の穴に指先を入れてみて冷たいと感じる人は、指先がつめたい。

指先には交感神経が集中していて、ストレスや緊張を感じると交感神経が優位に働き血管が収縮。それによって血流が低下し指先が冷える。

ストレスを放置しておくと、冷え症、肩こり、頭痛、慢性疲労のほか、最悪の場合は心筋梗塞や脳梗塞を引き起こす危険もあるという。

指先の血流を上げ脳をだます?

指先が冷えていても、ストレスを解消しリラックスさせる方法として富永先生が教えてくれたのは、血流を上げて脳をだますこと。

指の血流量が少ないと脳は緊張したりストレスを感じていると判断するが、逆に指の血流量が多いと脳はリラックスした状態だと判断するのだそう。

意図的に指の血流量を増やすことで、リラックスしていると脳を勘違いさせることができる。

指先ピーン体操

指先の冷えを1分で改善する、血流アップ体操。

(1)椅子に深くすわりリラックスする

(2) 両ひじを外に開きながら、肩の高さまで上げる

(3)ひじを後ろに引き、肩甲骨を大きく動かす

このとき、ひじは水平に引き、肩より上にあがらないようにする。

(4)息を吐きながら手の平を前へ突きだし、一本一本の指をしっかり伸ばす

肩から手頸までは一直線にして、指先は上にピーンと伸ばす。

(5)この姿勢を5秒間キープしたら、一気に力をゆるめ手をおろす

これを3セット繰り返す。

爪に横筋がある人は過度なストレス

手の爪の下は、毛細血管や神経が最も凝縮全身の血液の折り返し地点。

千春皮フ科クリニック・渡邊千春院長が最も注意すべきという爪の状態が、爪の横筋。

過度なストレスを受けている可能性があるという。

体の不調なストレスで満足に栄養が行き届かなくなると、爪に横筋ができやすくなる。

爪は1日に約0.1ミリ成長するので、爪の根元から3ミリのところに横筋がある場合は、1か月前に体調不良やストレスがあった可能性がある。

爪もみでストレス解消

爪に横筋がある人におすすめのストレス解消マッサージとして紹介されたのが爪もみ。

(1)爪の角を片方の手の親指と人差し指で挟んでもむ

(2)両手の5本の指で10秒ずつ行う

爪の先には交換神経が詰まっているため、ここを刺激するとストレスが和らぐのだそう。

ストレスで交感神経が強すぎる場合の対処法を教えてくれたが、副交感神経とのバランスも大事なので、金スマなどでやっていた自律神経トレーニングも、どれくらい覚えているか、少しでも実践できているか確認しておこうっと。

【関連記事】

金スマ カリスマ医師直伝の自律神経エクササイズ 

サタデープラス 1/7 渡辺謙も参戦 サタプラ3大健康法

関連コンテンツ

シェアする

フォローする

スポンサーリンク