コアトレチェア 座るだけで体幹トレーニング

11月1日のテレビ東京系「ワールドビジネスサテライト」で、パナソニックの新しい家電コアトレチェアが紹介された。

座るだけで体幹トレーニングが簡単にできるという。

スポンサーリンク

体幹を鍛える小さなソファ

見た目は一人掛けのソファのようだが、下のほうがなんかどこかで見覚えがあるような感じ。

座面が左右に揺れながら、エアバッグが膨らみ逆Vの字の変化することで不安定さが増し、体幹が鍛えられる。

体幹でも特に、骨盤底筋に効果があるそう。

骨盤底筋は、骨盤の底に位置し胴体の筋肉につながる重要な場所にあり、衰えるとつまづきや転倒につながる。

ワールドビジネスサテライトなのでやわらかな表現だが、転倒して骨折すれば寝たきりになってしまう可能性もありうる。

コアトレチェアは、想定価格30万円前後で来年2017年2月下旬に発売予定。

【2017年02月25日発売】 【送料無料】 パナソニック トレーニングチェア 「コアトレチェア」 EU-JC70-R レッド
価格: 354,240円 レビュー評価:0.0 レビュー数:0 (2016.11.19時点)
座ってバランスをとるだけで、体幹全体を効果的に鍛えられる■座ってバランスをとるだけで、体幹全体を効果的に鍛えられる ・鍛えにくいインナーマッスルまで鍛錬できる。 ・チェアの動きは、独自に開発したV字運動。揺らされた体を反射的に支えようとする力を負荷に変え、トレーニングします。 ・アウターマッスルはもちろん、鍛えにくいインナーマッスルまでしっかり鍛えられます。■鍛えたい部位や体力に合わせて選べる、6つの自動コース(音声ガイド機能搭載) ・鍛えたい部位に合わせた3つのコースそれぞれに、体力に合わせた強と弱のコースを用意。 ・合計6つの自動コースから、自分にあったものを自由に選べます。
Supported by 楽天ウェブサービス

開発のきっかけはジョーバの失敗

コアトレチェアの開発のきっかけは、ジョーバの失敗にあるという。

そうそう、コアトレチェアの下のほうって、何に似ているってジョーバに似ている。でも、ジョーバってすごい売れていて失敗にも思えないが・・・。

2000年から15年間販売されたジョーバは、ピーク時には年間13万台売れたが、ダイエットブームが去ると年間売上は千台に急減。

単なるダイエット機器としか認識されず、市場を形成するまでには至らなかったとのこと。

そこで、新たな市場をつくれる家電として開発されたのがコアトレチェア。

コアトレチェアはトレーニング家電

新たな市場はトレーニング家電。

しかし、トレーニング家電と打ち出すには効果を実証しなければならない。

コアトレチェアを2か月使用したモニターで骨盤底筋の変化を計測したところ、平均で40パーセント筋力がアップ。数字でも裏付けが得られ、ようやく生産開始。

当初の予定通り来年2月に販売開始の予定という。

眠っているジョーバは?

年が明けてからコアトレチェアで新たな気持ちで体幹トレーニングももちろんよいが、年間17万台売れたジョーバはいったいどうしているのか?

スイッチも入れられずに押入れに入ったままでは、馬という生き物でなくても予後不良のような状態になってはしまわないか?

ワールドビジネスサテライトでは、コアトレチェアの乗り方として両手を反対側の胸から肩あたりに当てて、体を左右のいずれかにひねった状態を維持していたが、この姿勢はジョーバでも十分可能。

2017年を待たずに、ジョーバを復活させてダイエットではなくトレーニングとして馬乗りしてみるのも、けっして悪くなさそう。

【関連記事】
ダイエットに特化したAIフィットネスジムのエクササイズコーチ

関連コンテンツ

シェアする

フォローする

スポンサーリンク