世界一受けたい授業 10/22 マインドフルネス瞑想のやり方

10月22日の日本テレビ「世界一受けたい授業」で、マインドフルネスが紹介。

短時間で頭がすっきりし、ストレスの軽減や集中力のアップになる。

教えてくれるのは、元エール大学精神科医の久賀谷亮先生。

スポンサーリンク

マインドフルネスとは

日本では昔から、禅とか瞑想により心を無にするというが、マインドフルネスはその効果を科学的に解明した最新の休息法。

ニューヨークの学校では約8000校がマインドフルネスを実践し、集中力やストレス対策に効果が期待されている。

2か月間マインドフルネスを実行すると、学習や記憶に関わる海馬の密度が増加。

さらに、血中の抗体が多くなり免疫力がアップしたり、うつ病患者にも再発防止の効果を生んでいるという。

マインドフルネスによって脳疲労が軽減?

疲労感やストレスによる体調不良の原因は、脳疲労が大きくかかわっている。

考え事をするときに活動する、後帯状皮質などの脳回路などの過剰な活動によるもので、ここは常に動き回っているのでなかなか休めない。

そこで、マインドフルネスを行うことで、意識的に休ませてあげる。

今この時だけを意識する

マインドフルネスを行うときは、今この時だけを意識する。

過去のことや未来のことを考えると、脳がつかれてしまう。

具体的には呼吸を意識すること。

朝10分ほどマインドフルネスを行うと、睡眠ではとれなかった疲れが取れる。

スポンサーリンク

マインドフルネスのやり方

(1)背筋を伸ばして、いすやクッションなどに浅く座る

(2)前後左右に、すこし体をゆすったり回したりする

(3)なるべく楽にスッとのびるところを見つけたら、動くのをストップしてスタート

ポイントは、体の感覚や呼吸を感じながら、今この時だけを意識すること。今している呼吸を意識すればよい。

1日10分を2回以上行う。

特に脳を休ませたい人におすすめのマインドフルネス

もうひとつ、悩み事がいっぱいの時に頭を休ませるマインドフルネスのやりかたを教えてくれた。そのやりかたは

(1)体の前で手をあわせる

手と手の温かさに注意を向ける。

(2)その手をゆっくりと上にのばしていきながら、頭の上あたりで手を離して手のひらを正面にむけるように手を広げる

血の毛がスーッと引くような感覚に気づくかもしれない。

(3)広げていた両手をグーッと握る

筋肉が収縮している感じや、指と指が触れている感覚を意識する

(4)両手をぐるっと回しながら下ろしてくる

この時、関節が動いていて、腕が自然に曲がってくる。

(5)また前で両手をあわせる

動きの中で起きるいろんな感覚や動作に注意を向ける。

10分間1日2回以上で、脳の休息になる。

続けていくと、思いやりの気持ちや感謝の気持ちが育まれるということが、データとしてわかっているそう。

【関連記事】
主治医が見つかる診療所 1日3分マインドフルネスで痩せやすい体に
ガッテン!貝谷久宣さんによる瞑想・マインドフルネスの仕方
サイエンスZERO 新瞑想マインドフルネスのやり方

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ

コメント

  1. […] ・世界一受けたい授業 マインドフルネス瞑想のやり方 […]